片岡誠|教員紹介|実工学教育の日本工業大学

教員一覧(学科、施設別)教員紹介

建築学部建築学科 建築コース

教授/片岡誠 [建築生産]

arc_kataoka.jpg

プロフィール

昭和43年生まれ、博士(工学)
平成5年3月 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
清水建設株式会社にて、研究および技術開発に従事
平成15年から2年間、スタンフォード大学にて客員研究員
一級建築士、情報処理技術者(データベーススペシャリスト)

研究者情報データベース

研究室紹介紹介動画

専門

建築生産、施工計画、情報技術

研究テーマ

設計情報から施工計画への効率的な展開
建築基準適合性判定の自動化
構工法、施工計画に関する知識の記述
情報技術の応用

社会的活動

日本建築学会

メッセージ

建物のつくり方には様々なバリエーションがあり、その選択が品質・コスト・工期に大きな影響を与えます。建物のつくり方を研究対象とするには、建築の知識のみならず、ものづくりの現場に関する知識、労働市場や建築経済に関する知識、さらには情報技術、機械技術など、幅広い知識や技術を学びながら自分で考える力が試されます。答は一つに決まりません。多様な考え方があることを知るために、他の大学や企業など、幅広く外部との接点を持ちたいと思います。

研究概要

BIMなどのツールで作成された設計情報から、施工計画に必要な情報を抽出し、施工計画・施工管理の精度向上や業務効率化を目指した研究を行っています。さらに、建設現場での実態調査や実務者へのヒアリングなどを通して、こうした手法の妥当性を高めることを考えています。