日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

日本工大の取り組み

4部会の取り組み環境活動に関する資料

環境教育検討部会

地球環境保全とサステイナブルキャンパスの構築

■NITサステイナブルキャンパスの構築

環境活動は、平成13年6月にISO14001 認証を得る以前、平成5年ごろを起点に教育環境の整備、省資源化、創エネルギーなど「クリーングリーン・エコキャンパス」をキャッチフレーズに掲げ、活動を推進してきた経緯があります。そして、平成12年度には当時で「国内最大級の太陽光発電設備310kW(後580kW まで増強)」を導入、また、環境教育のカリキュラムを大幅に増やすなど、工学を学ぶだけでなく地球環境保全に貢献できる数多くの技術者を育成してきました。その後、大学に求められる環境活動は「サステイナブルキャンパスの構築」となり、目標がより具体的(①運営②教育と研究③環境④地域社会など)に変化してきました。また、本学も参加していたEMS活動の評価制度が「エコ大学ランキング」から「サステイナブルキャンパス評価制度(ASSC)」へ変わり、経営層を巻き込んだ幅広い環境活動が求められてくる中、平成27 年度の評価(ASSC)において、本学は「ゴールド」を認証するなど、今までの成果が身を結んできています。
 では、平成29年度の環境報告書の中から、ダイジェストで本学の取り組みをご紹介いたしますので、どうぞご覧ください。

 

■環境教育カリキュラムの現在数

教養科目数…
9
専門科目数…
23
合   計…
32

化学物質管理検討部会

平成27年4月7日 化学物質取扱い講習会

▲化学物質・高圧ガス取扱い講習会

ISO-12年度より、講習会修了者には学長より「修了証」を発行。

▲ISO-12年度より、講習会修了者には学長より「修了証」を発行。

■高圧ガス・化学物質取扱い講習会

 2017年4月6日(木)に化学物質高圧ガス取扱講習会を開催しました。この講習会は、毎年開催され、卒業研究等で化学物質や高圧ガスを取扱う学生は必修となります。受講者には学長から修了証が発行されます。
◎化学物質取扱講習会 参加人数:178名 
 主催:化学物質管理検討部会
◎高圧ガス取扱講習会 参加人数:180名 協力企業:(株)巴商会

■化学物質リスクアセスメントの実施会

 2014年6月、労働安全衛生法が改正され、安全データシート(SDS)交付対象である647物質について、リスクアセスメントを実施することが義務化されました。  今年度は、647物質のうち、有害性が高く且つ本学において作業環境の改善が危惧されるベンゼン、n-ヘキサン、クロロホルム、ジクロロメタン、ホルムアルデヒドの5物質についてアセスメントを行い、上記物質を保有していない場合は、研究室で使用している物質のうち、ばく露リスクが高いと思われる化学物質、または、使用量の最も多い化学物質を、実験室・研究室の判断で適宜アセスメントを実施しました。

■水銀保有量調査の実施

 「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」が2017年8月16日に施行され、本法律に基づき、水銀等の貯蔵及び水銀を含有する再生資源の管理等について所要の措置が実施されることとなりました。本学では、宮代キャンパスの全教職員を対象に保有量調査のアンケートを行い、適正管理を維持しています。

学生環境推進連携部会

EMS推進協議会

EMS推進協議会

■EMS推進協議会

2018年2月8日(木)17:00からEMS推進協議会が開催されました。
 出席者は学生環境推進委員会メンバー・柳澤理事長、成田学長をはじめとする環境推進委員会メンバーの合計52名が出席しました。本協議会は、学生と大学のEMS活動を報告し、情報交換・意見交換をする場となっており、学生から今年度の新企画に関する提案がありました。 
※新企画の内容:「リサイクル食器」 ~イベント時の廃棄物の軽減を目的とした企画~

エネルギー推移

《平成23年度〜平成29年度》

エネルギー推移