日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

日本工大の取り組み

学生環境方針環境に対する考え方

日本工業大学学生自治会は、大学とのコミュニケーションや連携を緊密に保ちつつ、学生自身の環境マネジメントシステムを構築し、実行し、継続的改善をはかります。

“目指せ3つのE改革”
Ecology & Energy & Engineer

  1. 私たちは、将来を担う若者として、地球環境に対する有益な取り組みを主体的に行えるように心がけます。
  2. 私たちは、積極的に学び、研究し、環境に優しいエンジニアを目指します。
  3. 私たちは、学生生活を通してマナーやモラルの向上をはかり、自らの学ぶ環境を大切にします。
  4. 私たちは、エネルギーや資源を有効に使い、大学が掲げる「クリーン・グリーン&エコキャンパス」の達成を積極的に推進します。
  5. 私たちは、自らの環境保全活動が、地域住民と調和し、理解され、互いに協力しあえるよう努力します。
  6. 私たちは、この学生環境方針を達成するために、一致団結して環境保全活動を推進します。

平成30年3月1日

日本工業大学学生自治会 中央執行委員会委員長

-この学生環境方針は文書化し、全学生、全教職員及び学内関連機関に周知するとともに広く一般にも開示します-

学生の環境目的・目標(平成30 年3 月1 日)

  1. 環境改善に対する関心と意欲の向上/技術分野における環境への知識向上
  2. モラルとマナーの向上
  3. 自ら管理すべきライフライン( 電力・ガス・水)の適正な運用
  4. 自ら管理すべき紙使用の適正な運用
  5. 自ら管理すべきゴミの分別と減量化
  6. 地域住民・行政とのコミュニケーション推進/環境情報発信・環境保全の協働
  7. ボランティアの推進/ 森林保護・地域イベントの協働