日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

日本工大の取り組み

NITの環境方針環境に対する考え方

日本工業大学は、地球環境の保全が人類全体の最重要課題であることを強く認識するとともに、キャンパス内のすべての活動が、環境と調和するように十分配慮して環境マネジメントシステムの構築をはかり、次の活動を積極的に推進します。

  1. 本学のすべての活動において、環境に及ぼす影響を常に認識し、環境汚染予防を徹底するとともに、環境マネジメントシステムの定期的な見直しをはかり、継続的改善を推進します。
  2. 本学のすべての活動において、関連する法規制及びその他本学が同意した要求事項を順守します。
  3. 本学のすべての活動において、以下の環境目的・目標を設定し誠意をもって取り組みます。
    1. (1)本学の標榜する「ものづくりの技術」と「環境マインド」を兼ね備えた学生を育成し、さらに環境共生技術に関する研究の進展をはかること。
    2. (2)本学の教育・研究活動成果を公開講座、シンポジウムなどを通じて広く地域社会にも開放し、環境共生意識の啓発・普及をはかること。
    3. (3)本学の環境負荷低減についての研究成果を、可能な限り自らの環境管理活動において実践し、環境マネジメントシステムへの反映をはかること。
    4. (4)省資源・省エネルギー施策の展開、廃棄物の削減・適正管理、化学物質の適正管理、キャンパス緑化の推進向上などに積極的に取り組み、「クリーン・グリーン&エコキャンパス」の一層の推進をはかること。
    5. (5)本学が購入する物品について、グリーン調達の推進をはかること。
  4. この環境方針を達成するため、全教職員、学生及び学内関連機関が一致協力して環境保全活動を推進します。

平成27年7月16日
学校法人 日本工業大学 理事長 柳澤 章

−この環境方針は文書化し、全学生、全教職員及び学内関連機関に周知するとともに広く一般にも開示します−

環境方針は2000年10月に制定され、2004年版への移行を機に2005年10月1日に一部改訂を行ない、本学の環境側面に適用される全ての法規制等を確実に順守することを明確に誓約しました。

環境目的・目標(平成30年4月〜平成31年3月)

  1. 環境教育
    • ・持続的発展が可能な社会の実現を担う人材を育成するための環境教育プログラムの策定
    • ・環境学修プログラムの実践による持続的発展が可能な社会の実現を担いうる人材の育成
    • ・教職員、学生の協働による研究の推進
    • ・エコ・ミュージアムの整備による体験的環境教育の普及・推進
    • ・自治体、諸機関との連携・協働、他大学との交流をはかる
    • ・環境関連情報の発信とコミュニケーションを通じた環境共生意識の啓発・普及をはかる
  2. 学生EMSとの連携/学生環境推進委員会への支援等
  3. 電気・都市ガス・LPGガス・灯油等のエネルギー起源CO2排出量の削減/
    基準年(H17-19年平均)比の20%削減(4,770t- CO2以下)
    (埼玉県条例の換算係数が増加したため)
  4. 上水使用量の削減/基準年(H17-19年平均)比の20%削減(45,880m3以下)
  5. 紙使用量の削減/適正な使用
  6. 廃棄物の削減・適正管理/3Rによる廃棄物の減量化・資源化
  7. 緑地整備・保全/長期計画に基づく整備・保全
  8. グリーン調達の積極的な推進/事務用品のグリーン調達等
  9. 安全・環境安全な化学物質の使用・保有・排出管理へ向けての改良
  10. 教育・研究施設等の効率的・効果的活用及び管理・運営