日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

教育力・研究力

教育改革シンポジウム

第61回教育改革シンポジウム(FD/SD研修会)
本学におけるアクティブ・ラーニングの
あり方を探る(第1回)
■開催日:
2019年12月19日(木)17:10 ~ 18:40
■会場:
情報工学系実験研究棟(14号館)5階会議室
■対象:
全ての教員および職員
■趣旨:
アクティブ・ラーニングの目的は、より深い学力を効果的に身に着けてもらうことであり、その手法は、学生が自ら行動しながら学ぶというやり方である。シラバスによると、本学のアクティブ・ラーニング型の科目数は開講科目全体の50%以上である。果たして、それらの科目は本当にアクティブ・ラーニングの目的に向かっているのか、あるいは本当に学生が自ら学んでいるのか、本シンポジウムでは2回に分けて、その効果を検証しながら改善の方向性を探求したい。
※第2回目は次年度中旬ごろに実施予定です。
■プログラム:
司会:服部 邦彦 教授
開 会 挨 拶
学長 成田 健一
1.本学におけるアクティブ・ラーニング型授業の現状(10分)
教育研究推進室長 神 雅彦
2.アクティブ・ラーニングに関する研究
-2018年度教育プログラム開発費による成果報告-(20分)
共通教育学群 松井 克典 准教授
3.高い専門力を育成する専門科目アクティブ・ラーニング
-2019年度教育プログラム開発費による実施報告-
(1)アクティブ・ラーニングのためのチームビルディングと効果(前半20分/後半10分)
 株式会社ラーニングバリュー 安達 雄一 氏
(2)講義科目への適用結果(10分)
 応用化学科 佐野 健一 教授
(3)実験科目への適用結果(10分)
 電気電子通信工学科 大田 健紘 助教,進藤 卓也 助教
(4)演習科目「機械総合演習1,2」「技術とリーダーシップ」の新設(10分)
 機械工学科 中野 道王 教授
■講評:
辻村 泰寛 教務部長ほか

平成31年度/令和元年度 教育改革シンポジウム一覧

平成30年度 教育改革シンポジウム一覧

平成29年度 教育改革シンポジウム一覧