日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介建築学部建築学科 建築コースArchitecture

助手/大西 郷建築学科実験研究棟[高耐力の構造、材料の研究]
  • SATOSHI, Onishi
助手/大西 郷
プロフィール
  • 昭和58年4月生まれ 修士 (工学)
    平成14~20年 株式会社エーシーコア勤務
    平成27年 日本工業大学 工学研究科 建築デザイン学 博士前期課程 修了
    平成30年 日本工業大学 工学研究科 建築デザイン学 博士後期課程 単位取得退学
    日本女子大学非常勤講師
    趣味:料理、スポーツ観戦
研究室紹介

専門

木質構造

研究テーマ

木造建築物の中高層化に関する研究
木材繊維方向の組み合わせによる特性変化に関する研究

メッセージ

人々の生活の根幹に関わる衣・食・住の一つである建築の分野では現在、より幅広い知識が必要とされています。安全な建物を提供するためには、建物の設計や構造はもちろん地震国の日本では地盤への配慮も必要でしょう。また、高耐力・高靭性を実現するためには木材と鋼材、RCのそれぞれの良さを掛け合わせたハイブリットの建築という考え方も重要と考えます。当大学の建築学科実験研究棟には、充実した設備があります。それらを有効に活用し、実験を通して建築を知ることは、卒業してからも建築業界で生きる諸君の良い糧となることでしょう。本学でともに実験できる日を楽しみにしています。

研究概要

主にCLTを用いた木材繊維の組み合わせによる特性変化に関する研究を行ってきましたが、本学助手に着任後は充実した施設のより有効的な活用に努めるべく、管理運用を行っています。

研究教育設備

    加力フレーム試験機、200t万能試験機、100t万能試験機、10t万能試験機、200t圧縮試験機