日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介共通教育学群Human Science and Common Education

講師/櫻井 芽衣子日本語学研究室[文章表現]
  • SAKURAI, Meiko
講師/櫻井 芽衣子
プロフィール
  • 平成27年3月 名古屋大学大学院文学研究科 博士課程後期課程 満期退学
    平成29年6月 博士(文学)
    趣味 庭園巡り
研究室紹介

専門

日本語学(文法)

研究テーマ

現代日本語文法

メッセージ

日本で生活する私たちにとって、日本語で文章を書く機会は数多くあります。文と文、段落と段落の関係を意識したり、単語が持つ細かなニュアンスを知った上で表現を選択したりすることで、より正確に伝わる文章が書けるようになります。たくさんの文章に触れて日本語に対する感覚を磨き、学んだ事柄を正しく発信することを目指しましょう。

研究概要

現代日本語のラレル文が自発・受身・可能・尊敬に解釈される原理について、研究を進めている。動詞で表される動作が対象に及ぼす影響や、動作成立に関わる動作主の意志・意図性の有無、話し手の態度を表明する文となる条件を満たしているか否か、という観点から各解釈の成立条件を分析している。