日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介共通教育学群Human Science and Common Education

講師/鳥塚 潔物質科学研究室[低温物質科学]
  • TORIZUKA, Kiyoshi
講師/鳥塚 潔
プロフィール
  • 学歴:
    信州大学理学部物理学科 卒業
    東北大学大学院理学研究科修士課程 修了
    ヘルシンキ工科大学(フィンランド)にて
    Ph.D. (Dr. of Technology)
    職歴:
    ヘルシンキ工科大学低温研究所 研究員
    ランカスター大学(英国)ポスドク研究員 
    首都圏の私立・国立12大学15学部で非常勤講師 を歴任
    趣味:
    剣道(2段)、将棋、
    読書(宇宙論、数学、小説(お気に入りは井上靖))
研究室紹介

専門

低温物理学、低温物質科学

研究テーマ

有機分子性導体や無機超伝導体・磁性体における超低温・強磁場・超高圧下での物性研究

社会的活動

日本物理教育学会会員、千葉県知事認定里親

メッセージ

工学部系の学生の中には、物理は専門ではないから勉強しなくてもよい、と考えている人がいるかもしれません。確かに、大学を卒業して社会人になると、物理の研究者になる人以外は、物理の知識そのものが役に立つことは多くはないでしょう。本当に役立つものは、(目には見えないけれど)物理的に考える能力、つまりロジカルに物事を考える能力なのです。どこから見ても矛盾のない思考過程、客観的に証拠だてて考え、他者に論理的に説明できる能力は、将来どんな職業についても必ず役に立ちます。「物理とはロジック」です。(クイズ番組のように)知識をひけらかすカッコよさはないけれど、重要な能力です。学生時代は、論理脳を鍛えることを心掛けて!物理でそのトレーニングをしているのです。授業中はしっかり先生の話を聞いて、先生はどういうふうにロジックを組み立てて説明しているのかな、と注意しながら聞いて下さい。

研究概要

固体の有機物質、無機物質は、超低温、強磁場、超高圧の極端条件下でどんな挙動を示すだろうかという点に興味を持ち、実験的に研究をしています。温度については、数mK(=マイナス273.14℃くらい)までの低温に達することができます。磁場については18テスラ(=フェライト磁石の約200倍)くらいまで印加することができます。また、圧力については10GPa(=10万気圧)くらいにまで到達できます。