環境教育

「環境」を意識しながら技術を学ぶのが、日本工業大学の基本姿勢。
「経済の発展」と「環境の保全」という
対極ともいえるテーマを融合できる技術者を育成します。
日本工業大学は、全学をあげてエネルギー問題や環境問題に取り組んでいます。国内大学最大規模の発電量を誇る太陽光発電システムを導入したり、独自のNIT-EMS を実践したりするだけでなく、共通教育科目にも環境系科目を設置。環境教育研究センターを中心として社会を変える新たな技術開発と環境の保全という課題を同時に実現できる技術者を育成します。授業だけでなくキャンパスライフのすべてにおいて、幅広い視野から環境について学べます。これも日本工業大学の大きな特長です。

ロゴマークのコンテストで最優秀賞を受賞した渡辺勝也さん(機械工学科3年)の作品

大学の年間使用電力量の7%を太陽光発電で供給

屋上に敷き詰められたソーラーパネル

本館屋上に設置されているソーラーチューブ
PICK UP 科目
エコ入門
環境に関するトピックスを幅広く学び、工学に携わるうえで不可欠な環境への意識を高めます。多くの事例に触れながら、持続型社会の構築に貢献できる技術者について考えます。
地球環境と人間社会
環境問題を議論し対応していくためには、広い知識と視野が必要です。地球環境と人間社会の関わりを軸として、宇宙の視野から生活者の視点までの多面的な観点で、科学的問題から社会的問題までを複合的に理解した上で、自らの意見を発信できるようになります。
学生の取り組み
学生環境推進委員会では、内部環境監査講習会やリサイクルショップの開催、子ども大学での講義など、大学や地域住民と連携しながら環境保全活動に取り組んでいます。

2016年、久喜宮代衛生組合主催「ごみを減らしてきれいな街づくり表彰・リサイクル部門」で最優秀賞を受賞

埼玉県が取り組んでいる利根川・江戸川強化堤防森づくりボランティア事業に参加

毎年、活動報告書を発行
国内最大級の環境展「エコプロ2018」に出展
2018年12月6日~8日にかけて東京ビッグサイトで開催された環境展「エコプロ2018」に出展しました。「SDGs 時代の環境と社会、そして未来へ」をテーマに、年間環境活動や本学環境関連施設の紹介パネルを展示。独自の環境への取り組み「NIT-EMS」など、大学と学生が一体となって進めている環境保全活動を発表しました。

PAGE TOP