工学基礎教育

工学に必要な「数学」「物理」「英語」の基礎固めと、
ものづくりの基礎を実践的に鍛えることを目的としたプログラムを用意。
技術革新を成し遂げるには、技術者としての基礎を固めることが重要です。
理数・語学リテラシー
一人ひとりの「いま」から段階的な成長ルートを描く
「数学」「物理」「英語」では、入学時のプレースメント(クラス分け)テストの結果をもとに、一人ひとりの学力に合った科目からスタートします。1年を4期に分けた「クォータ制」を導入し、週2回の授業を実施します。段階的に学ぶことで着実に基礎を身につけられます。
図をクリックすると拡大します
ものづくりリテラシー
ものづくりを支える基礎を身につける
ものづくりの基礎となる知識・技能として、「道具の正しい使い方」、「素材に対する適正な理解」、「安全な作業環境の確保」などがあります。本学でものづくりを学ぶ上で必要なものづくりリテラシーを修得するために、1学年に「ものづくり基礎実習」を用意。上位学年に配置されている、より高度な演習・実習に、安全かつ適正に取り組めるようにします。
授業内容
  • 工作機械を使ったものづくり実習
  • 設計・製図の課題製作
  • ライントレースカーの製作
学習基盤の強化
大学での学びを確実なものとするための基礎力を養う
役立つノートの取り方、レポートの書き方、発表の仕方など大学で学ぶうえで必要なスキルを1学年から身につけます。また広い視野を持ち、専門を学ぶことへの意識を高めます。グループで協力してものづくりをしたり、さまざまな情報から論理的に自分の考えを文章にしたりするなど、情報発信する力につなげていきます。
身につくスキル
  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力
  • 工学的な視点から問題を見出す力
  • 技術者に求められる文章力

PAGE TOP