基幹工学部
電気電子通信工学科
社会を支える動力設備からスマート情報機器
そして人をつなぐ情報通信を学ぶ
インターネットや携帯電話の誕生は世の中を大きく変え、スマートフォンはいまや私たちの生活に欠かせないものとなりました。こうした情報機器の中身や信号の送受信、それらを動かす電気など、情報、通信、電気に関する幅広い領域を学ぶのが電気電子通信工学科です。 自動車産業や情報家電業界など、関係するフィールドは多岐にわたります。人々の生活の土台を支える分野で活躍できる知識と技術を修得することができます。
「電気情報」「電子情報通信」の2系統の学び
2つの系統を幅広く学んで基幹技術を身につけ、新たな発想を生み出せるエンジニアを育成します。
エンジニアに必要不可欠な技術が身につく
計測技術やプログラミング技術など、実験・実習を通して実践的な技術を身につけます。
あらゆる産業で求められる知識を修得
基礎的な知識と技術を重視し、電気電子通信に関わる分野で活躍できる技術力を修得します。
学びの系統
電気情報系
高電圧や大電流を扱う「強電」の分野と、電子制御やディジタル信号処理などの情報分野を学びます。
電子情報通信系
低電圧や低電流を扱う「弱電」の分野と、無線通信や情報ネットワークなどの通信技術を学びます。
科目PICK UP
電気電子通信工学実験Ⅰ
目に見えない電気の流れや強さ、抵抗、電磁波などの計測技術に関して、さまざまなテーマの実験や報告書の作成、実技・筆記試験を通じて学びます。
プログラミング言語応用
エンジニアに必要なプログラミングの知識と活用能力を学びます。講義にあわせて演習を実施することで、経験を積みながら実践的な技術を修得できます。
電気電子通信工学実験IVa・IVb
電力・エネルギー、情報通信、回路設計などのさまざまなテーマの実験・シミュレーションを通じて、実用性の高い最新技術を身につけます。
卒業研究I・II
これまで蓄積した学修の成果を結集して取り組む卒業研究。ゼミ発表や中間報告書の作成を通じて、社会で役立つ実務的課題の処理能力を身につけます。
» 将来の進路
大学院進学/回路・システム設計者/半導体技術者/情報通信技術者/無線通信士/電気主任技術者/設備管理者/生産技術・生産管理・プロセス開発者/品質管理・品質保証者/システムエンジニア/サービスエンジニア/セールスエンジニア/研究開発者/教員・公務員
» めざす資格(分野共通)
電気主任技術者、電気工事施工管理技士、エネルギー管理士、電気通信主任技術者、ガンマ線/エックス線作業主任者、電気通信工事施工管理技士、無線従事者、ネットワークスペシャリスト、情報処理技術者、基本情報技術者、応用情報技術者、ITパスポート、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術・数学)

PAGE TOP