基幹工学部
機械工学科
工学の基盤となる機械工学の
「伝統」と「最先端」を学ぶ
「デザイン・設計」「エネルギー・制御」「生産技術」。機械工学の基本となる3つの分野には過去から受け継がれてきたものづくりの知識と技術が集約されています。
機械工学科では基礎となる知識と技術を身につけ、これらを実践的な学びや先端技術を駆使する研究に応用していきます。科学技術のハード面を支える確かな専門能力と、時代を先取りする応用・発展力を兼ね備えたエンジニアを育成します。
講義と実験・実習を並行して学修し理解を深める
講義による知識の獲得と、実験・実習による技術の修得を並行して進め、またアクティブラーニングを取り入れた学びで実践的能力を身につけます。
高い実践力を育成する実践機械工学プログラム
深い専門知識と幅広い教養に加えて高度な技術力を体系的に身につけられるプログラムが、より高いレベルのエンジニアを目指す期待に応えます。
確かな学びにもとづく幅広い将来性
基礎から身につけた専門力、応用力、発展力は、研究開発や生産技術などへと卒業後の活躍の場を広げます。
学びの系統
デザイン・設計系
工業デザインを通じて提案手法や、CAD/CAM/CAEを用いた設計手法を修得します。
エネルギー・制御系
熱・流体・機構・制御などの基礎と応用技術を学び、様々な製品開発に役立つ技術を身につけます。
生産技術系
材料および加工方法について学び、生産技術に関する実践的な知識と技能を修得します。
科目PICK UP
機械CAD
製造業でも利用される三次元CADを用いて、機械設計を学びます。初年度から本物のCADに触れることで、実践的な技術を着実に身につけていきます。
機械工作実習
機械設計を行うために不可欠な加工技術の知識を、加工や測定を体験することで実践的に学び、技術の向上をめざします。
機械工学実験2
機械工学の四力(材料力学・機械力学・流体力学・熱力学)の理論を対象に、実験とレポート作成を通して理解を深めます。
機械総合演習2
動力機構や金型に関して、設計から試作・評価までの一連の流れを主体的に進めることで、知識と技術を統合して使いこなせる能力に発展させます。
» 将来の進路
大学院進学/機械製品の研究・開発技術者/生産技術分野の研究・開発技術者/機械関連の設計技術者/新素材の研究・開発技術者/プラントエンジニア/生産管理技術者/工業デザイナー/教員・公務員
» めざす資格(分野共通)
技術士、機械設計技術者、CAD利用技術者、一般計量士、国家技能検定試験、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術、数学)

PAGE TOP