社会で活躍する日本工大OB·OG
「フォーミュラ工房」でのマシン製作が仕事の原点です
株式会社深井製作所 勤務
蓼沼 美波 さん
2018年 機械工学科 卒業
栃木県立佐野東高等学校出身
 在学中は「フォーミュラ工房」に所属してマシン製作のチームリーダーを務めながら、フレーム製作を担当していました。この車に懸ける想いそのままに、現在は自動車用フロントフレームの設計開発チームに所属しています。例えば鋼板を使用する衝突部材の場合、衝突時に「エネルギーを吸収する構造にする」ことで安全性を高め、人を守ることができます。製品設計は、まず成形シミュレーションソフトを用いて成形可能がどうかを解析・確認します。その後、CADソフトで詳細な設計に移行。自動車メーカーと連携し、意見交換をしながら安全性と品質を高め、試作から量産へつなげていきます。
 設計は黙々とPC に向かって進めるイメージがありましたが、当社では日常的に活発な情報共有が行われています。惜しみなくノウハウを教えてくれる先輩方の期待に応えるためにも、貪欲に知識や技術の吸収に努め、プレスや溶接に関する社内研修にもすべて参加しています。在学中のフォーミュラ工房での活動を通して、企画から設計・製作までの一貫したものづくりのやりがいを実感できたからこそ、幅広い知識や技術を身につけて業務に活かしていこうと思えるんです。
 私の原動力は、「成長したい!」という揺るがない想いと、任される仕事の内容が少しずつ高度になっていく喜び。設計スキルを磨くとともにコスト意識などを高めて、設計力プラスαで多角的にものづくりを進めていける技術者になりたいです。

PAGE TOP