社会で活躍する日本工大OB·OG
建築学科で鍛えたプレゼン力が構造設計の提案で生きています
株式会社ビームス・デザイン・コンサルタント 品川支社 勤務
冨田 珠美 さん
2011年 建築学科 卒業
埼玉県立春日部工業高等学校出身
 総合設計事務所で、共同住宅やホテルなどの「構造設計」を担当しています。構造設計とは、簡単に言うと地震が起きたときに建物が倒壊せず、人命や財産を守れるように、建物のフレームを設計する仕事。建築家の意匠プランを実現するために、柱や梁の配置を検討し、断面の構造計算を行います。建築家だけでなく、耐震構造を審査する機関、施工現場をチェックする監理など、多くの人と密に関わる仕事です。
 構造設計自体は、専用のプログラムを使って行いますが、それをお客様にわかりやすく説明したり、よりよいプランを提案したりするスキルも求められます。ここで、建築学科の講義や研究室でプレゼンテーションを繰り返した経験が大いに活かされています。学生時代は、設計や模型づくりの楽しさを知った半面、作品の魅力を伝えることの難しさを思い知らされました。忘れられないのは、2学年に地域に密着した建物を設計する課題で、実際にその場所に行き、五感で集めた情報をもとにプレゼンテーションをしたこと。感じたことを言葉にする難しさと想いを共有できたときの喜びを知り、その後の成長につながったと実感しています。また、第一線で活躍する建築家から直接アドバイスをもらう機会が豊富にあったのも貴重な経験になったと思います。人生を豊かにするのは、学生時代の自分の行動次第です。常に「今」を大切にしながら、多種多様な人と関わり、「なりたい自分」を見つけてください。

PAGE TOP