日本工業大学 :: 7/28(水)中高生対象「第14回 化学・環境・バイオサイエンススクール」参加者募集 :: Topic

TOPICSトピックス

イベント

7/28(水)中高生対象「第14回 化学・環境・バイオサイエンススクール」参加者募集

日本工業大学 基幹工学部 応用化学科では、高校生や中学生を対象として、
化学・環境・バイオに関する学科独自の実験が体験で きる「サイエンススクール」を、
以下の通り企画いたします。特に高校で化学や生物を学ぶ皆さま、
この機会に化学・環 境・バイオへの興味・関心を、実体験して確かめてみませんか。

◆日 時
7月28日(水) 13:00-15:00(希望者16:00頃まで)

◆場 所
日本工業大学 宮代キャンパス応用化学棟(E24)

◆スケジュール 
13:00−13:10 開会
13:10−15:00 実験
15:00−16:00 研究室見学(希望者のみ)

◆対 象
高校1~3年生(中学生も可)

◆費 用
無料

◆募集人数
各テーマ5名程度まで

◆事前受付
参加ご希望の場合、7月25日(日)までに、こちらの入力フォームから、
または、電話でお申込みください。

◆連絡先
tel.0480-33-7580(応用化学科事務室)
中高生の皆様、どうぞお気軽にお問合せください。

公衆衛生の観点から、内容変更あるいは中止とさせていただく場合がございます。
そのときには、申込時にご記入いただいた電子メールアドレスにご連絡いたします。

◆内 容

4  つ  の  実  験

※第2希望まで選択してください

(1)鮮やかな金ナノ粒子の世界 〜見えない指紋を検出しよう〜
●新倉謙一 先生
金(きん)といえばゴールドを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、ナノメートルまで小さくした金は、赤や青の鮮やかな色を呈するため検出試薬として利用されています。実際に赤い溶液の金ナノ粒子づくりを体験し、指紋の検出にもチャレンジしましょう!

 

SSちらし裏1.png


(2)金属を融かして混ぜてみよう 〜錬金術よりマジメに〜 
●内田祐一 先生
金属素材は、大抵は複数の元素を混ぜ合わせて作られます。金属だって、温度を上げて融かせば混ぜられます。液体の金属にも、水溶液で見られるような凝固点降下や過冷却などが現れます。実際に金属を溶かす実験を通じて、少し非日常的で新鮮なオドロキを感じてみませんか。

SSちらし裏2.jpg


(3)光るスライムを作ろう!  ~材料が発光する仕組み~ 
●大澤正久 先生
スライムはポリビニルアルコールを原料とした高分子物質です。
発光材料をブレンドして好きな色に光るスライムを作りましょう。べとべとのスライムからスーパーボールの様な硬さのスライムも作れちゃいます。化学環境ラボで白衣を着て、化学者気分を味わおう。物質が光る原理も一緒に勉強しましょう!

SSちらし裏3.jpg  
色々なスライム


(4)物質の第4の状態:プラズマ ~オーロラの色を見てみよう~ 
●伴雅人 先生
極地で見られるオーロラの透き通った青、緑、赤、紫の色は綺麗ですね。オーロラは、窒素や酸素分子が励起して発光したもので、プラズマの一種と言えます。実験では地上で真空状態を作り、そこに様々なガスでプラズマを生成させ、オーロラの色を見る体験をしてみましょう。

SSちらし裏4.jpg

一覧に戻る