日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

機械工学科4年・長尾健吾君が「文部科学大臣杯 2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 in 筑波ST600クラス」において、6位に入賞

 機械工学科4年の長尾健吾君(二ノ宮研究室)が、「文部科学大臣杯 2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦in 筑波(ST600クラス)、決勝レース:平成29年4月9日」において、6位に入賞しました。同クラスは、溝付きタイヤで争われている市販車に一番近いクラスで、ライダーの技量が要求されるレースと言われています。初戦は、国際A級ライセンスを持つレーサー34名がエントリーしました。予選では、4位の自己最高位をマークし、決勝では悪天候の中で粘り強く戦い6位入賞を果たしました。
 長尾君は「プロレーサーとの真剣勝負。次戦は、最高クラスであるJSB1000クラスの耐久レース(鈴鹿)に出場するので、もっと頑張りたい。」とコメントしています。

 

レース中の様子。長尾君のマシン排気量は、4気筒600cc

詳細は下記をご覧ください。

【決勝レース結果】
http://www.mfj.or.jp/user/contents/race_result2017/road_race/2017result/rd01/600_final.html

【長尾君のレース中継(ゼッケン84番)】(動画で長尾車載カメラがご覧になれます)
http://www.superbike.jp/news/2017/04/post_704.html

  • 2017/04/24
  • 広報室