日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

「平成31年度熱中症予防対策ガイダンス策定に係る実証事業」において本学の事業が採択されました

環境省は、熱中症対策を推進するにあたり、「平成31年度熱中症予防対策ガイダンス策定に係る実証事業」を実施します。これに伴う公募において、本学の事業が実証団体として採択されました。実証事業は令和元年の夏に実施され、結果は「熱中症予防対策ガイダンス」として令和3年を目処に取りまとめられる予定です。

事業名 教育施設(大学)での夏季高温時の活動における熱中症発症抑制の取り組み事業
事業実施者 学校法人 日本工業大学


本事業の基本的な考え方は、「熱中症に関する正しい知識を修得し、自分の身は自分で守る意識を持って、自ら考え判断して行動する」ことであり、学生の自主性を尊重しながら熱中症リスクを低減する取組みとなっています。そのため、熱中症予防に必要な知識として、熱中症発症の要因や症状、応急処置などの基本的な知識に加えて、体感温度(温熱環境指標)の種類や原理、人の体温調節機能や温冷感、暑さ対策の基本的な考え方など、工学系大学にふさわしい、より専門的な知識に関する講習会を開催しています。これらの内容を理解することで、自らで考えて判断するために必要な知識を修得することが可能となり、熱中症を正しく怖れ、知識と情報を持って対応することで、リスクに対抗できることを学生が経験的に理解できる取組みとなっています。

次回は7月4日(木)19:00~20:00 5-104教室にて行います。


本事業の取組みの一つ「学生・教職員対象の熱中症予防講習会」の模様


【参考】
■環境省HP/報道発表資料/平成31年度熱中症予防対策ガイダンス策定に係る実証事業の公募結果について
http://www.env.go.jp/press/106955.html

  • 2019/06/27
  • 広報室