日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

情報工学科の学生による「VR太陽の塔」が今年も岡本太郎美術館で展示されます

 川崎市岡本太郎美術館からの依頼で、本学情報工学科のフィジカルコンピューティング工房が制作したVRコンテンツ「甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔」は、昨年の夏に同美術館で展示され、1500名を越えるお客様が体験し好評を博しました。そのため今年も依頼があり、さらにバージョンアップした「甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔」が8月3日(土)〜12日(月・振休)(8月5日を除く)に公開されることになりました。

  今年は4年生の岡崎有翔君、3年生鶴水幹也君が制作の中心となり、それをフィジカルコンピューティング工房が手伝って完成しました。新たに、解説ナレーションや大阪万博当時と同じBGMが流れ、また、モデリングの生物が増え、視点の迫力が増すなどの改良が加えられています。この機会に、ぜひ、川崎市岡本太郎美術館で体験してみてください。


昨年の展示の様子

 VR体験の様子

太陽の塔外観

 太陽の塔内部


【関連サイト】
■岡本太郎美術館 岡本太郎美術館20周年記念展
http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html#yokoku

■岡本太郎美術館 開館時間・料金
http://www.taromuseum.jp/useguide/hoursadmission.html

  • 2019/07/31
  • 広報室