日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

電子情報メディア工学専攻博士後期課程2年の木山潤さん・同1年の黒沢啓人さん・電気電子工学科4年の駒澤雅玖人さんがコミュニケーションクオリティ学生ワークショップ優秀ポスター賞を受賞

 電子情報メディア工学専攻博士後期課程2年の木山潤さん・同1年の黒沢啓人さん(平栗研究室、指導教員進藤卓也)、電気電子工学科4年の駒澤雅玖人さん(平栗研究室、指導教員:平栗健史、進藤卓也)が、令和元年9月5日、電子情報通信学会のコミュニケーションクオリティ研究会・学生ワークショップにおいて「コミュニケーションクオリティ学生ワークショップ優秀ポスター賞」を受賞しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

  木山さんの受賞論文名は「複数経路によるスループット抑制制御におけるネットワーク混雑の検討」です。

 現在のインターネットでは、サイバー攻撃により、不正な通信や膨大なデータトラヒックを発生させてネットワーク負荷を与え、サーバをダウンさせてしまうような事例が問題とされています。本研究では、それらのデータトラヒックを対象に、複数経路を割り当てることによりトラヒックを分散させ、優良のユーザーに対して十分な通信速度を提供することを目的としています。
 本研究の技術のポイントは、不正なデータトラヒックを最適化手法を用いて、分散することにあります。これまでの最適化手法は、最短経路などを選択し、データトラヒックをスムーズに流すことに用いられてきましたが、提案技術では、分散させるために全く逆の解を求めたことが高く評価されました。

 現在、サイバー攻撃によりホームページが閲覧できなくなる問題や、表示に時間がかかる場合がありますが、提案手法を用いることでサイバー攻撃している者から一般ユーザの通信を守り、且つ、十分な通信速度を提供することができるようになると期待されます。

 受賞に際し木山さんは、「指導教員の進藤先生に大変感謝しております。本研究は最終段階に入っており修士論文としてまとめる予定です。この受賞に慢心せず、今後も十分な研究成果が出せるよう、全力で尽くす所存です。」とコメントしています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 黒沢さんの受賞論文名は「機械学習を用いた客観通信品質推定手法の検討」です。

 ニューラルネットワークの重み調整の際、従来法の誤差逆伝播法等では層を増やすと計算コストが増加します。そこで本研究では重みの調整に発見的解法(SHADE)を利用する検討を行いました。提案手法は微分を必要としないため計算コストが削減され、且つ最適化が適切に行われたという点が評価されました。

 今回受賞した研究成果を今後の無線通信分野へ応用することで、過酷な通信環境においてでも、ユーザーの体感品質が向上するシステムの構築が見込めます。これは近年、注目されている機械学習やAI化を無線通信に応用する技術であり、人間が関与することなく自動的に最適な制御が行えるようになります。さらに、通信を利用するユーザーは常に最良な音声や映像ストリーミングなどのサービスを受けられるようになることが期待されます。

 受賞に際し黒沢さんは、「本研究の指導をいただいた、進藤先生、平栗先生に大変感謝するとともに、より一層研究に励み多くの研究成果を発表できるように精進する所存です。」とコメントしています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 駒澤さんの受賞論文名は「LED光の異なる波長成分によるミニトマトの生育への影響」です。

 人工照明を使った一般的な植物工場による水耕栽培では、レタスやハーブといった葉菜類の栽培は多く行われていますがトマトなどの果菜類の例は少ないのが現状です。本研究では、LEDの人工照明を用いて、赤色と青色、赤と青の混合によってそれぞれ栽培実験を行いました。実験の結果、LED光の波長成分(色)は、トマトの生長過程(茎長、花、着果)に異なる作用が寄与したことがわかり、トマト水耕栽培の生産性が期待できるとして評価されました。

 本研究は日本デルモンテ(株)との共同研究の成果であり、将来的には、産学連携としたトマト栽培設備あるいは栽培機器としての製品化が大いに期待されます。

 受賞に際し駒澤さんは、「参加者のほとんど大学院生の中、学部4年生にもかかわらず優秀ポスター賞という名誉ある賞を頂き大変うれしく思います。この度の受賞は、指導してくださる平栗先生や進藤先生のお陰です。今後も本受賞に恥じぬよう、より一層研究に励み多くの研究成果を発表できるように精進して参ります。」とコメントしています。

 
        コミュニケーションクオリティ学生ワークショップ優秀ポスター賞 受賞

                         (向かって左から木山さん、黒沢さん、駒澤さん)

■コミュニケーションクオリティ研究会 https://www.ieice.org/cs/cq/jpn/

■教員紹介ページ(電気電子通信工学科・平栗健史教授)
https://www.nit.ac.jp/gakka/subject/kyoin6/ec_hiraguri.html

■研究室紹介(無線伝送メディア研究室・平栗健史教授)
https://www.nit.ac.jp/lab/denki/lab2-5.html

  • 2019/09/24
  • 広報室