日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

箱根登山鉄道 モハ1形103号の輸送・設置が完了

本学は箱根登山鉄道株式会社(本社:神奈川県小田原市)より、7月に引退した鉄道車両モハ1形103号を譲り受け、10月3日に輸送・設置作業を完了しました。

 

 

譲渡車両は7月19日に最終走行を終え、神奈川県箱根町の強羅駅構内に保管されていました。
本学への輸送は下部の台車部分と上部の車体部分の2回に分けて、トラックにより陸送されました。

まず、台車部分が先行して本学宮代キャンパスに陸送され、8月8日に設置が完了しました。
車体部分は10月1日19時から輸送車への積込作業を行い、深夜1時に完了。翌2日の20時から陸送を開始し、国道16号線などを経由して約6時間、3日の深夜2時に宮代キャンパスに到着しました。仮設レールの敷設後、大型クレーンによる設置作業が行われ、昼12時前に工業技術博物館前に設置完了となりました。

今後は専用プラットホームの設置工事を行い、11月を目途に正式公開される予定です。また、機械工学系の実習で学生の教材としても活用されます。

 

強羅駅構内での車体積込作業(10月1日19時) 強羅駅を出発(10月2日20時)
約6時間かけて宮代キャンパスへ陸送 宮代キャンパスに到着(10月3日2時)
輸送車からの積み下ろし作業 大型クレーン2台で仮設レールに設置

 

※後日、陸送中の動画を追加する予定です。

  • 2019/10/03
  • 広報室