日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

電子情報メディア工学専攻博士前期課程1年の飯塚達郎さん(上野研究室)が第1回電気設備学会学生研究発表会で講演し、準優秀賞が授与されました

本学電子情報メディア工学専攻博士前期課程1年の飯塚達郎さん(上野研究室)が、2019年12月26日に東京電機大学で開催された、一般社団法人電気設備学会主催「第1回電気設備学会学生研究発表会」で講演を行いました。飯塚さんは34名の参加者の中より準優秀賞に選ばれ、賞状が授与されました。

受賞論文名は「銅接点へ二硫化モリブデン介入による速度依存特性」。本研究の成果によって電気機器(モータ・発電機)の稼働を長寿命化および信頼性を向上させることの可能性を見いだし、電気機器のメンテナンス作業の頻度を低減することが期待されます。また、予稿集、プレゼンテーション、質疑応答においても高く評価されました。

受賞に際し飯塚さんは、「このような賞を頂けたことを非常に嬉しく思います。サポートして頂いた研究室の皆様に感謝申し上げます。この賞を頂けたことを自信にし、これからも地道に研究活動を続けていきたいと思います。」とコメントしています。


飯塚達郎さん
 
賞状


【参考】
■電気設備学会/ご案内/学生研究発表会のご案内
https://www.ieiej.or.jp/informetion/20191226.html

■研究室紹介(電気機器/マイコン制御研究室・上野貴博教授)
https://www.nit.ac.jp/lab/denki/lab1-4.html

  • 2020/01/07
  • 広報室