日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

本学環境共生システム学専攻1年下田亮太さん(伴研究室)がグラフェン・酸化グラフェン合同シンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞

 令和元年12月6日に開催されたグラフェン・酸化グラフェン合同シンポジウムにおいて、本学環境共生システム学専攻1年下田亮太さん(伴研究室)が優秀ポスター賞を受賞しました。 受賞論文名は「CVDグラフェンによるヒト間葉系幹細胞の増殖」です。  

 本研究では、カーボン系ナノ材料であるグラフェンの上でヒト間葉系幹細胞を培養するとより増殖することを見出したこと、また、発表時のわかりやすい説明(高いプレゼンテーション能力)が評価されました。    

 今後、グラフェンなどのナノカーボン材料は、その優れた特性や形状・寸法の特異性から、細胞の足場材料として治療や診断用チップなどの医療技術への応用が期待されています。

 受賞に際し下田さんは「この度、優秀ポスター賞を頂き、大変嬉しく思います。また、本研究を行うにあたり、多大なご指導を賜った指導教官の伴教授ならびに産業技術総合研究所の石原先生に深く感謝するとともに厚く御礼申し上げます。今後もこのような賞が取れるよう研究に注力し学会で発表できるよう精進します。」と、抱負を述べました。


左から 産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門
炭素系薄膜材料グループ 石原正統さん

本学環境共生システム学専攻1年下田亮太さん

本学応用化学科伴雅人教授


【参考】
■教員紹介ページ(応用科学科・伴雅人教授)
https://www.nit.ac.jp/gakka/subject/kyoin6/ac_ban.html

■研究室紹介(マイクロ・ナノデバイス研究室・伴雅人教授)
https://www.nit.ac.jp/lab/ouyoukagaku/lab1-1.html

■国立研究開発法人 産業技術総合研究所 材料・化学領域 ナノ材料研究部門  
産総研コンソーシアム グラフェンコンソーシアム事務局
https://unit.aist.go.jp/nmri/grapheneConso/index.html

  • 2020/01/07
  • 広報室