日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

情報メディア工学科2年の2チームが埼玉県情報サービス産業協会主催「彩の国さいたま ICTコンテスト2019」において「サンケイリビング新聞社賞」・「アイディア部門(高校・専門・大学)最優秀賞」を受賞

1月18日に開催された公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会主催「彩の国さいたま ICTコンテスト2019」において、情報メディア工学科2年の2チームが「サンケイリビング新聞社賞」と「アイディア部門(高校・専門・大学)最優秀賞」をそれぞれ受賞しました。

■サンケイリビング新聞社賞
【受賞者名】:新保颯間さん、高梨辰悟さん、福田拓郎さん
【作品名】:「FACER
【評価された点】:スマートフォンの表情認識機能を使った、リズムに合わせながら指示に従い表情を作るゲームのアイディアの独自性や新規性が評価されました。

■アイディア部門(高校・専門・大学)最優秀賞
【受賞者名】:久保田翔吾さん、江森大智さん
【作品名】:「我利便(がりべん)くん
【評価された点】:小・中学生と学校の先生、保護者の3者をモバイル端末(スマートフォン/タブレット)によって相互につなぎ、教育を総合的にサポートするシステムのアイディアの独自性や新規性が評価されました。

【参考】
■彩の国さいたま ICTコンテスト2019
https://www.sisia.or.jp/ICTC/

  • 2020/03/03
  • 広報室