日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

基幹工学部電気電子通信工学科の平栗健史教授、「レター論文誌の最多ダウンロード賞」を受賞

  基幹工学部電気電子通信工学科の平栗健史教授が、IEICE Communication Expressにおいて「レター論文誌の最多ダウンロード賞」を受賞しました。受賞論文名は「Theoretical analysis of interference between directional beams in drone-based 3D mesh network」です。

  本論文は、これまで取り組んできた、ドローンを使った通信ネットワークの研究開発プロジェクトの一環として、岩手大学博士後期課程の学生(白木信之さん)と行った共同研究を基に、ドローンの最適な通信ネットワーク構成についての解析を発表したレター論文です。ドローンを用いた技術は世界中の様々な分野で注目されていることから、多くのダウンロードが行われたことが受賞につながりました。

  平栗教授は、「本研究は、大規模な通信ネットワークを空中に構築することを目指した研究成果であり、今後も実用化に向けて取り組んでいく所存です。一方、現在は小型ドローンがハチのように飛び回り、作物の受粉などを行うスマート農業分野の研究にも取り組んでいるため、今後の研究活動にもご支援いただければ幸いです」とコメントしています。

 


【参考】
■IEICE HP
https://www.ieice.org/publications/comex/data/top_download.html

■電気電子通信工学科 HP
http://www.nit-denki.jp/index.html

  • 2020/07/01
  • 企画広報室