日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

本学大学院生が地域おこしの一環で「八福さぼてん」の商品化に参加しました

 神奈川県寒川町の園芸店「千秋園」では、地域おこしの一環で新しい商品「八福さぼてん」を商品化しました。千秋園は「八方除け」で知られる寒川神社の参道にあり、風水では邪気を払う植物とされているサボテンと、寒川神社の八方除けにちなんで「八福さぼてん」と命名されました。この商品は小さな木製升に植えられた八角形のサボテンで、町おこしの一環として本学専門職大学院技術経営研究科の大学院生たちが提案・協力したものです。

 本学大学院生たちが自主的に始めた活動ですが、この取り組みには寒川町も協力しており、神奈川県寒川町の新たな名物として地域の活性化につなげようとしています。

升の側面には寒川町のブランドマーク

 

上から見ると八角形の八福さぼてん

 

 

この取り組みは毎日新聞をはじめ、各メディアで取り上げられています。

「コロナ収束願い『八福さぼてん』 元旦に発売 神奈川・寒川」
(毎日新聞社 2020年12月21日)
https://mainichi.jp/articles/20201221/k00/00m/040/031000c

 

【参考】

■日本工業大学 専門職大学院 技術経営研究科
https://mot.nit.ac.jp/

■千秋園 「新商品 八福さぼてん」
https://sensyuen.co.jp/information/1405/

  • 2020/12/24
  • 企画広報室