日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

電気電子通信工学科の平栗健史教授らが「5Gの通信品質を立体的な地図情報を用いた疑似/仮想空間で解析可能とする無線通信シミュレーター」を開発

新潟大学、東京工業大学、日本工業大学らの研究グループでは、総務省・戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)フェーズIIにおいて、「超小型マルチビームアンテナと無人飛行機による伝搬環境制御技術の研究開発」を進めてきました。その研究成果の一部として、平栗健史教授らは、疑似/仮想空間におけるCross-Layerシミュレーターを開発しました。

無線通信品質の計算機シミュレーション評価指標としては、これまで各レイヤ(アンテナ、送受信機、通信プロトコルごと)で個別に評価されるのが一般的でした。しかし伝搬特性は、変動することや、複雑な地形や構造物がある条件での通信品質を正確に評価するために、これまでの方法では、上位レイヤを含む通信システムやサービス(例えば、スマートフォンのネットサービスや音声通話、動画配信サービス、Wi-Fiや5Gなどの実際にユーザが体感できる通信速度など)としての性能を判断することは難しいものでした。

そこで、本研究開発では、飛行するドローン間の高速通信を実現することを目的とし、これまでに無い3次元無線ネットワークの研究開発に取り組んできました。

このような背景から、電波伝搬からアプリケーションにまたがったクロスレイヤ評価を実現する「3次元疑似空間における無線通信Beyond Cross-Layerシミュレーター」の開発に至っています。このシミュレーターの特徴は、図1のように疑似的な建物などの地図情報から、電波の反射をレイトレース法(注1)により計測し、複数の電波のパスから得られた電力や遅延データなどを、図2の構成のように上位の通信プロトコルに同時に引き渡すことによって実際に使用するアプリケーション(ネットサーフィンや音声通話、映像配信など)としての通信品質評価を求めることができます。つまり、これまでは、このような詳細なデータを得るためには実機によって実際にフィールド実験をする方法が一般的でしたが、本シミュレーターでは現地での事前実験などが不要となります。

このシミュレーターは、実は汎用性が非常に高く、現在注目されている5G基地局の置局設計や、未だ開発されていない将来の6Gなどの通信品質も仮想的な空間でシミュレーションすることが可能となり、通信業者をはじめ、新たな無線サービスを始めるための評価ツールとして期待されています。図3は、このシミュレーターを用いて西新宿での地図情報をもとにWi-Fiの通信を評価した例です。今後は、研究開発ベースのものを商用化する形で企業などと連携して進めていく予定です。

 

【用語説明】
(注1)レイトレース法:電波を光に見立てて直接波や反射と回折の電波のパスを近似する方法

 

図1 疑似的な地図データから得られた伝搬パス

図2 シミュレーターの構成

図3 開発シミュレーターによる評価例

 

 

■研究室紹介(無線伝送メディア研究室・平栗健史教授)
https://www.nit.ac.jp/lab/denki/lab2-5.html

  • 2021/02/19
  • 企画広報室