日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

NHK「首都圏ネットワーク」で情報工学科学生によるプログラミング授業の様子が放送されました

7月3日(火)、本学情報工学科3 年生と4年生の有志学生による「情報ボランティア」のプログラミングの授業が宮代町立笠原小学校で行われました。この授業はプログラミングソフト「SCRATCH」を使用した全5回のプログラムとなっており、当日は5年生約30人に最終回の授業を行いました。小学生たちは慣れた様子でパソコンを操作し、それぞれの好みに合わせたオリジナルのプログラミングを組んでいました。

「情報ボランティア」は20年以上続く科目で、学生が地域の学校や施設に出向き情報技術環境の構築や情報教育の支援を行っているものです。地域の皆さまの情報環境を少しでもサポートできるよう、今後も活動して参ります。


学生による授業の説明

 慣れた様子で取り組む小学生たち

学生の指導の下、熱心に取り組む様子

 学生による指導の様子

学生がお手本で制作したゲームが大人気でした

学生制作のカニのゲームも人気でした


今回の授業の様子は7月3日(火)放送のNHKローカルニュース「首都圏ネットワーク」で紹介されました。
■NHK NEWS WEB/首都圏 NEWS WEB
「小学生がプログラミングを学ぶ授業」
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180703/0014083.html

【参考】
■〔NIT〕情報メディア工学科 情報ボランティア(6月18日 笠原小学校での第3・4回プログラミングの授業の様子)
https://www.youtube.com/watch?v=DUvJh50fMlM

■本学情報工学科4年 成島司くんが「SCRATCH」で制作したゲーム「カニ de GO!」
https://scratch.mit.edu/projects/235190128/


 

  • 2018/07/05
  • 広報室