共通教育科目に関するFAQ

FAQ

クォータ科目全般について

Q1. クォータ科目って何ですか?

A1. 「クォータ」は英語で「4分の1」を意味します。春学期と秋学期(セメスター)をそれぞれ2つに区切った期間(1年に4つのクォータ)で開講される科目を指します。期間はセメスターの半分ですが、週に2回(2コマ)開講されるため、授業回数はセメスター科目と同じです。

Q2. クォータ科目の授業はいつやるの?

A2. クォータとセメスターは同時に進むので、春学期前半に第1クォータ科目、後半に第2クォータ科目、秋学期前半に第3クォータ科目、後半に第4クォータ科目が開講されます。

Q3. クォータ科目はどのような科目がありますか?

A3. 講義科目では、言語系科目の英語(一部)と理数系科目の数学(一部)・物理・化学、演習科目では理数系科目の「工学基礎物理実験」と学習基盤科目の「ものづくり基礎実習」があります。講義科目は火曜日と水曜日の週2回授業があります.演習科目は週に1回2時限続けて行います。

Q4. クォータ科目の履修はどうするの?

A4. 英語、数学、物理の講義科目については、入学時に受けるプレースメントテストの結果により、第1クォータで履修する科目が決まります。必修科目までは自動的に履修登録されるので、春学期の履修登録期間には第1クォータと第2クォータ、秋学期の履修登録期間には第3クォータと第4クォータの履修科目を日本工大サポータルで確認しましょう。「応用解析」「物理II」「化学I」「化学II」は登録期間に自分で履修登録をする必要があります。「工学基礎物理実験」は、履修するクォータが指定されるので確認しておきましょう。「ものづくり基礎実習」の履修を希望する場合は4月7日の説明会に参加してください。

Q5. クォータ科目の履修登録期間は?

A5. クォータが始まるタイミングは年に4回ありますが、履修登録をするタイミングは2回(春学期と秋学期の履修登録期間)です。第2クォータと第4クォータで自動で履修登録されない科目を履修する場合は、それぞれ前もって履修登録することになります。

Q6. プレースメントテストって何?

A6. プレースメントテストは入学時に受ける「英語」「数学」「物理」のテストのことで、各科目の理解度をチェックするためのものです。
このテストに成績によって、第1クォータで履修するクォータ科目が決まります。

Q7. クォータ科目の成績はいつ出るの?春学期の中間で合否が分かる?

A7. 各クォータが終了するとすぐに合否が出ます(ただし、成績はセメスターごとに出ます)。第1クォータの科目に合格したら第2クォータは次の科目に進み、不合格なら合格するまで第2クォータ以降も同じ科目を履修し直します。各教科の必修科目が合格するまで履修科目が自動的に更新されます。第1クォータが終了したら、第2クォータで履修する科目をサポータルで確認しましょう。

Q8. クォータ科目の必修科目って?

A8. 英語科目の「リーディングスキルI」「リーディングスキルII」、数学科目の「数学」、物理科目の「物理I」「工学基礎物理実験」が必修科目です。

Q9. クォータ科目は進級とどんな関係があるの?

A9. 基幹工学部と先進工学部は必修科目の「数学」と「物理I」の単位を修得しないと2年になれません。応用化学科は、これらの科目に加えて「化学I」と「化学II」の単位修得も2年への進級要件となっています。建築学部は2年になるためには言語系科目で2単位と理数系科目で4単位が必要です。2年から3年になるときには、どの学部でもクォータの必修科目を全て修得している必要があります。

Q10. プレースメントテストの結果で指定された科目の、前の段階/次の段階の科目からスタートできますか?

A10. プレースメントテストの結果で決められた以外の科目からのスタートはできないよ。自動登録された科目を履修しよう。(後から前の段階の科目を履修することもできません。)

英語科目について

Q1. 最初に履修するクォータ英語科目は?

A1. 入学時のプレースメントテストの結果で、「基礎英語I」「基礎英語II」「リーディングスキルI」の3科目のどれかから始まります。自動的に振り分けられるので、各自で自分のスタートレベルを確認しましょう。

Q2. 英語のクォータ必修科目は?

A2. 「リーディングスキルI」と「リーディングスキルII」です。

Q3. セメスター科目の履修方法は?

A3. 「リーディングスキルII」に合格するとセメスター科目が履修できます。

Q4. 英語クォータ科目合格の秘訣は?

A4. 2回の復習テストや各担当者が実施する試験の結果で合否が決まります。「基礎英語I」はプリント教材を、「基礎英語II」はテキストの単語・文法問題を、「リーディングスキルI」と「リーディングスキルII」はオンライン教材を活用してみましょう。また、小テストや課題は学修内容を確認するチャンス。できなかった問題は、次には必ずできるようにしておこう。

Q5. 卒業に必要な英語科目の単位数は?

A5. 6単位が必要です。英語科目はクォータ科目もセメスター科目も1科目1単位なので、卒業までに6科目を履修します。

Q6. 英語が苦手で「基礎英語I」からスタートになりました。1/4期で合格できなかった場合は「基礎英語II」には進めないのですか?

A6. 進めません。第一クォータで不合格だった場合には、第二クォータでも「基礎英語I」を履修します。「基礎英語I」を合格するまで「基礎英語II」には進めません。

Q7. 「リーディングスキルI」からのスタートになりました。ちょっとついていけそうにないので、途中から「基礎英語II」もしくは「基礎英語I」から学びなおしたいのですが?

A7. 「リーディングスキルI」からスタートした人は「基礎英語II」も「基礎英語I」も履修できません。基礎を学び直したいときには学修支援センターを活用しましょう。

Q8. 「基礎英語I」を修得後「リーディングスキルI」に飛び級はできますか?

A8. 「基礎英語I」を履修し終えたら「基礎英語II」に移ります。飛び級はできません。一歩一歩進みましょう。

Q9. 語学系科目の卒業要件は6単位ということですが、「基礎英語I」からの履修者はセメスター科目を1つ履修すればよいのですか?

A9. 英語科目はクォータ科目もセメスター科目もどれも1単位です。クォータ科目は「基礎英語I」から始めた人は「基礎英語II」「リーディングスキルI」「リーディングスキルII」と4つ、つまり4単位を履修するので、あとはセメスター科目で2科目、つまり2単位を履修します。

Q10. 留学生も英語科目を履修する必要はありますか?

A10. 「リーディングスキルI」、「リーディングスキルII」は必修科目なので、すべての学生が履修する必要があります。ただし、留学生は留学生対象科目の「日本語表現I・II」「日本語I・II・III・IV」(計6科目、各1単位)を修得することにより、語学系科目の卒業要件を満たすこともできます。

Q11. 「リーディングスキルI」からの履修者はセメスター科目を2つ履修しなければなりませんか?

A11. 「リーディングスキルI」から始めた人は「リーディングスキルII」とあわせて2科目、つまり2単位をクォータ科目で履修するので、あとはセメスター科目で4科目、つまり4単位を履修します。

Q12. 英語が得意なので「リーディングスキルII」から履修してもいいですか?

A12. それはできません。英語が得意な人でも「リーディングスキルI」から始まります。

Q13. プレースメントテストで「基礎英語II」に振り分けられました。一年間でどれだけの単位を取得できますか?

A13. 順調に進むと、第1クォータで「基礎英語II」、第2クォータで「リーディングスキルI」、第3クォータで「リーディングスキルII」の3科目3単位が一年生のうちに修得できます。クォータ科目が終わるとセメスター科目に移りますが、第四クォータはセメスターの半分しか期間がないので、セメスター科目を登録できません。2年生になるまで待っていてください。

数学科目について

Q1. 数学科目について

A1. プレースメントテストの結果に応じて、「基礎数学I」「基礎数学II」「数学」のいずれかを最初に履修します。

Q2. 最初に履修するクォータ数学科目のスタートレベルを教えてください。

A2. 「基礎数学I」は高校数学の範囲の各種関数とベクトルの性質について初歩から学びます。「基礎数学II」は「基礎数学I」の内容を理解していることを前提として、高校数学の微分積分の内容を復習します。「数学」は高等数学の内容を概ね理解していることを前提として、多変数関数の微積と行列の数学を学びます。

Q3. 数学のクォータ必修科目は?

A3. 「数学」です。

Q4. セメスター科目の履修方法は?

A4. 条件はありません。セメスター科目(「確率論」と「統計学」)は秋学期から開講され、クォータ科目との同時履修も可能です。

Q5. 数学クォータ科目合格の秘訣は?

A5. 7回の小テストの点数で合否が決まります。問題集を繰り返し解くことで解法を身につけ、小テストに挑もう。分からないところがあったら、教科書と解答集をじっくり読んでみよう。問題解答に関する全ての事が載っているので、自己学習に大いに役立つはずです。

Q6. 「数学」からスタートになりました。「応用解析」を履修したのち「確率論」と「統計学」は同時に履修することはできますか?

A6. 「確率論」と「統計学」は秋学期から開講され、同時履修することができます.同時履修しない場合は、まず確率論を履修してから統計学を履修することを勧めます。

物理科目について

Q1. 最初に履修するクォータ物理科目は?

A1. プレースメントテストの結果に応じて、「工学基礎物理」「物理I」のいずれかを最初に履修します。(※ 数学の最初の科目が「基礎数学I」の場合は、物理のプレースメントテストの結果によらず「物理I」は「基礎数学I」が合格した後のクォータで履修します。)

Q2. 物理のクォータ必修科目は?

A2. 「物理I」と「工学基礎物理実験」です。

Q3. 「工学基礎物理実験」の履修方法は?

A3. 学科ごとに履修するクォータが決められています。週1回、2時限連続の授業です。

Q4. 物理クォータ科目合格の秘訣は?

A4. 講義科目は7回の小テストの点数で合否が決まります。授業中に配布されるワークシートの問題は完璧に解けるようにしよう。「工学基礎物理実験」については、毎回きちんと出席して実験を行い、結果や考察をまとめた実験報告書を提出しましょう。

Q5. 履修登録画面で第1クォータの物理科目が空欄になっていますがどうしてですか?

A5. プレースメントテストの結果で「物理I」スタートとなっているけど、数学の条件を満たしていないので、第1クォータでは物理科目を履修することはできない、という事です。第1クォータで「基礎数学I」に合格することを前提に、第2クォータには「基礎数学II」と「物理I」が自動登録されています。

Q6. 「工学基礎物理」は合格したけど、「基礎数学I」は不合格でした。次のクォータで、どの物理科目を履修するの?

A6. その場合は残念ながら、次のクォータで物理科目を履修することはできないため、履修登録画面では空欄になっているよ。「基礎数学I」に合格すると、自動的に「基礎数学II」と「物理I」が履修登録されます。

Q7. 「物理I」からスタートになったけど、第1クォータで合格できる自信がない。第2クォータの履修登録はどうすればいいの?

A7. 第2クォータに履修する科目は、第1クォータに履修登録した科目に全て合格するという前提で、春学期の履修登録期間に履修登録します。これは、自動登録の場合も、自分で登録する場合も同じです。もし、選択科目「物理II」を履修したいと考えているなら、春学期の履修登録期間に登録してください。

Q8. 「工学基礎物理実験」はいつ履修するの?プレースメントテストと関係ある?

A8. 「工学基礎物理実験」は学科ごとに履修するクォータが決められています。プレースメントテストの結果とは無関係に自動で履修登録されます。

化学科目について

Q1. 化学のクォータ科目は履修する必要あるの?

A1. 化学は選択クォータ科目です。
ただし、応用化学科は2年への進級条件になっているので、「化学I」と「化学II」のどちらも履修し、1年のうちに合格しておく必要があります。

Q2. 「化学I」と「化学II」はどのクォータでも履修できますか?

A2. 「化学I」は第1, 3クォータに、「化学II」は第2, 4クォータに開講されるので、注意してください。

Q3. 「化学II」を先に履修してもいい?

A3. 「化学I」「化学II」の順番で履修する必要はありません。

学習基盤科目について

Q1. 学習基盤科目って何ですか?

A1. 「学習基盤科目」とは自分に合った大学生としての勉強方法をみつけ、自ら学ぶ力を育てるものことを目標にしています。学びの基礎となるのは日本語力ですが、これは「学習言語」であり、日常使う「生活言語」ではありません。

Q2. 学習基盤科目と卒業要件の関係は?

A2. 学習基盤科目は選択必修科目で3種類の科目(「スタディスキルズ」「学修と実工学」「日本語リテラシー基礎」それぞれIとIIがあり計6科目)から選ぶことができます。
卒業までに2単位(2科目)修得する必要がありますが、1年で修得することを推奨します。
ただし、留学生は「日本事情I」を履修することによって、2単位修得することもできます。

Q3. 「スタディスキルズ」「学修と実工学」「日本語リテラシー基礎」のどれを選べばいい?

A3. 自分の伸ばしたい力や弱い力を考え、3つの中から1つを選んでください。
「スタディスキルズI」は【読む・聞くこと】を重視し、アクティビティやドリル学習などを通じて自ら学ぶスキルを高めます。
「学修と実工学I」は【話す(伝える)こと】を重視します。大学での勉強方法を考え、実際のものづくりを行う予習重視型の演習授業です。
「日本語リテラシー基礎I」は【書くこと】を重視します。一人ずつの文章を添削することにより、日本語の文章をきちんと使える力をつけます。