障がい学生支援に関する状況|情報公開|日本工業大学について|実工学教育の日本工業大学

情報公開障がい学生支援に関する状況

受入れ方針・相談体制

平成28年度に新たに規程を定め、大学としての受け入れ方針を明確にしました。

日本工業大学 障がい学生等の支援に関する規程

障がいのある学生・受験生からの相談は、学内のすべての部署で受け付けています。それぞれの部署が連携・協力するために「障がい学生等支援委員会」を設置しています。

障がい学生等支援委員

入学試験における取り組み

受験生からの申し出・相談等を経て、その必要が認められる場合には「別室受験」「試験時間の延長」等の対応を行っています。

バリアフリーの状況

下記のバリアフリー施設配置図に示すとおり、授業で使用する建物のほぼすべてがバリアフリー化されています。

入学後の支援内容

障がいのある学生本人と相談の上、各種の対応を行っています。身体に障がいのある学生に対する配慮に加えて、発達障害など外見ではわかりにくい障がいを持つ学生に対しては、プライバシー確保に配慮しつつ、学生相談室や学修支援センターと学生支援部が本人の同意を得た上で、受講科目の担当教員など限定された教職員を対象に、個々の障がい学生にふさわしい合理的な配慮を行うよう要請しています。

就職支援内容

障がいのある学生の就職に係わる相談窓口の設置と相談員を配置しています。また、「障がいのある学生のための就職ガイダンス」を実施し、受け入れ企業の情報収集・提供などを組織的に実施しています。