先進工学部 ロボティクス学科|学部・大学院|実工学教育の日本工業大学
robotics-heading.jpg

先進工学部ロボティクス学科

人工知能やロボット技術など
未来へつながる先駆的分野を学ぶ

ロボットとは多様な工学技術をひとつの形に統合したもの。その製作には機械工学、制御工学、電気工学、情報工学などの基礎的知識を修得したうえで、さまざまな状況に対応するための要素技術を身につけることが必要です。
本学科では講義と実習の両面から、必要となる知識・技術を修得。産業分野から日常生活まで、あらゆる場面での活躍が期待されるロボットの可能性を、先駆的な学びの中で探究していきます。

TOPICS

ロボティクス学科の特長

横断的に多分野の知識・技術を学ぶ

機械工学、制御工学、電気工学、情報工学など幅広い工業分野の知識と技術を学修します。

実験・実習を中心としたカリキュラム

手を動かすことで講義で学んだ知識への理解を深め、知的好奇心を高めながら学べる環境を重視しています。

幅広い分野で活躍できる能力を修得する

あらゆる工学分野を修得することで、ロボット分野以外の産業にも将来の選択肢を広げます。

学びの系統

robo01.jpg

ハードウェア系

機械製図や設計、電気回路といったロボットを製作するためのハードウェアについて学びます。

robo02.jpg

ソフトウェア系

プログラミングやプロジェクト管理技術、プログラムでロボットを制御する技術を学びます。

科目紹介

  • picup4_1.png

    設計製図

    ロボット開発に必要な設計・製図の能力を身につけることを目的として、具体的なロボット機構を取り上げ、設計・製図を行います。

  • picup4_2.png

    ロボット開発実験Ⅰ・Ⅱ

    座学で学んだ機械系、電気系、情報系の知識をもとに、これらの分野で使用される機器類の取扱方法や特性および注意点など、実験を通して修得します。

  • picup4_3.png

    制御プログラミング

    モータとセンサを有するロボットの制御プログラム作成の演習を通じて、メカトロニクス制御とマイクロコンピュータのプログラミングの実際を学びます。

  • picup4_4.png

    医療福祉工学

    医療、福祉の現場で活用される工学支援について理解し、現状と課題について把握します。また、日常生活における工学支援について具体例も学びます。

就職実績

主な就職先と業種(2020年度 旧学科の研究室実績です)

●主な就職先

アイダエンジニアリング、関東電気保安協会、関電工、キョーラク、金属技研、きんでん、サンコー、JR東日本メカトロニクス、シナノケンシ、住友電設、総合車両製作所、大同信号、TDCソフト、デンソーテクノ、東興ジオテック、東泉産業、日鉄テックスエンジ、日本電気通信システム、日本アイ・エス・ケイ、放電精密加工研究所、前澤給装工業、三井E&Sシステム技研、三菱電機システムサービス、ヨコオ、YKK AP 埼玉窓工場 など

●業種
 

創造システム工学科_円グラフ.png

内定者インタビュー

ロボティクス学科を2022年3月に卒業予定の学生にインタビューしました
(学年は取材当時のものです)

  • naitei_r01.jpg

    (株)日立産業制御ソリューションズに内定!
    先進工学部 ロボティクス学科 4年
    A.Yさん
    (埼玉県立大宮南高等学校 出身)

    コロナ禍のため、就職活動はオンライン形式が中心でした。自分ひとりで取り組むことに不安を感じていたので、週1回の頻度で就職支援課に通い、さまざまなサポートを受けました。内定先の企業に出会ったのも就職支援課の紹介がきっかけです。入社後はハードウェア・ソフトウェア両方の知識を活かしつつ、これまでも実践してきた「人の気持ちを考えて行動する」という心がけを忘れずに仕事に励みたいです。

  • naitei_r02.jpg

    日本電産コパル電子(株)に内定!
    先進工学部 ロボティクス学科 4年
    C.Yさん
    (栃木県立栃木工業高等学校 出身)

    所属研究室でも日本電産コパル電子 株式会社の製品を使っていたので、身近に感じていました。学内合同企業説明会でお話を伺ったことがきっかけでさらに興味を持ちました。ロボットや自動運転に注目している企業なので、自身が学んできた知識と技術を活かせると思いました。卒業後は最先端の技術を駆使したものづくりに挑戦し、技術者として社会貢献がしたいです。

MOVIE

  • 学科紹介動画

  • 在校生インタビュー

  • 教員インタビュー

  • 卒業生インタビュー

RESEARCH HEADLINES

SPECIAL CONTENTS