基幹工学部 応用化学科|学部・大学院|実工学教育の日本工業大学
sience-heading.jpg

基幹工学部応用化学科

化学+科学全般の知識をベースに
スマートなものづくりを学ぶ

新しい機能を持つ物質の合成や革新的医療技術の開発など、化学には私たちの生活を大きく変える可能性が秘められています。ただし、それを実現するためには化学だけでなく、科学全般に対する幅広い知識が必要です。 本学科では、化学以外にも物理や生物などさまざまな分野を学び、化学関連産業に関わる人材に必要な豊かな基礎知識を修得します。さらに最先端の研究にも取り組むことで、実践的な知識と経験を身につけていきます。

応用化学科の特長

化学以外の分野もあわせて学修

化学分野を軸に、物理や生物など科学全般に関する科目も学び、卒業後に活きる基礎知識を身につけます。

広い視野と柔軟な適応能力を重視

時代に応じたニーズや課題に向き合う化学分野。時代の変化に対応できる人材を育成します。

最先端の研究を通じて実践的能力を育成

卒業研究では教員とともに最先端の研究に取り組み、実践的な知識と経験を身につけていきます。

学びの系統

sience01.jpg

物質デザイン系

人類繁栄や地球環境の保全・改善に役立つ新たな物質を創出し、実用的なデバイスへの応用をめざします。

sience02.jpg

材料科学系

材料の化学的・機械的特性などの基礎的な知識をもとに、新しい材料の開発をめざします。

sience03.jpg

生物工学系

バイオテクノロジー(生物工学)の技術を用いて、実社会に役立つ新技術の開発に応用します。

科目紹介

  • picup3_1.png

    化学実験Ⅰ・Ⅱ

    物質を合成したり、分析したりする実験を通して、その背景や理論、実験操作の意味、正しい手順、データの処理法などを修得します。

  • picup3_2.png

    応用化学実験Ⅰ・Ⅱ

    化学反応実験や構造解析など、企業の商品開発や研究の現場で実際に使用されるような、実用性の高い実験技術や知識を修得します。

  • picup3_3.png

    応用生物工学実験

    微生物・植物・DNA・RNAなど、生物および生体関連物質を素材にした実験を通して、実験の操作手順や結果の解析手法を修得します。

  • picup3_4.png

    卒業研究I・II

    配属された各研究室において、専門分野の本格的な研究・開発について深く学び、その過程で科学的思考法や研究論文執筆法などを修得します。

MOVIE

  • 学科紹介動画

  • 在校生インタビュー

  • 教員インタビュー

SPECIAL CONTENTS