日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

キャンパスライフ

奨学金

奨学金について

《入学前の選考》
●特別奨学生入試(給付)
●入試奨学金(給付)
●AO入試奨学金(給付)
●秋山奨学金(給付)
《入学後の選考》
●日本工業大学学業奨励奨学金(給付)
●日本工業大学工友会奨学金(給付)
●日本工業大学育英資金(貸与)

※I~II《入学後の選考》に関するお問合せは「学生支援課」へ。
TEL. 0480-33-7508(直通)

I.日本学生支援機構奨学金(貸与)

日本学生支援機構法に基づき、国が行なう育英事業です。

i.第一種奨学金(返還時無利子)

入学年度 貸与月額
自宅通学生 自宅外通学生
平成29年度以前入学者 30,000円/月 54,000円/月 30,000円/月 54,000円/月 64,000円/月
平成30年度以降入学者 20,000円/月 30,000円/月 40,000円/月 54,000円/月 20,000円/月 30,000円/月 40,000円/月 50,000円/月 64,000円/月
平成30年度以降入学者が最高月額を選択するには、申込時における家計支持者の年収が併用貸与の家計基準を満たす必要があります。

ii.第二種奨学金(返還時有利子)

貸与月額(2万円~12万円 1万単位)を選択できます。

◆選考基準
家計 日本学生支援機構が定める家計基準を満たした者のうち、その困窮度の大きい者を優先
成績 第一種奨学金 1年 高校の評定平均が3.5以上
2年以上 各学科の順位が1/3以内
第二種奨学金 平均水準以上の成績と認められる者
平成29年度以降入学者から、両親ともに住民税非課税の学生が第一種奨学金を希望する場合は、「成績基準」が撤廃されました。
◆第二種奨学金の貸与利率

返還時有利子となる「第二種奨学金」の利率は、貸与終了時(卒業時)に日本学生支援機構が0.01~3%の範囲で定めます。
具体的な数値は、貸与終了の月ごとに異なりますので、こちらのリンクをご参照ください。

◆緊急・応急採用

 家計支持者がリストラ・倒産・病気等で家計が急変した場合、事由が発生した1年以内であれば、募集時期に関わらず出願できます。

◆日本学生支援機構奨学金の募集は、原則春の一回のみです。別に家計が急変した場合には、緊急・応急採用がありますが、条件によっては出願できないこともあります。
家計について不安を感じたら、あらかじめ学生支援課奨学金担当へご相談ください。

≪問合せ先≫  学生支援課  
TEL. 0480-33-7508(直通)

< 受験生のみなさまへ >

高等学校在学中に奨学金の申請をする「予約採用」をお勧めします。

独立行政法人 日本学生支援機構奨学金「予約採用」

●「大学予約採用」とは・・・
 高等学校の最終学年で、卒業後、大学・短大・専修学校専門課程に進学を希望している生徒のうち、学費や在学中の修学費が心配である人に対し、進学後の奨学金貸与を約束することをいいます。この制度により、安心して勉学に専念できます。

●予約採用に関する問い合わせ先
申し込み先は在学高校になります。募集時期等の詳細は高校の進路指導部へお問い合わせ下さい。

▲このページのトップへ戻る

II.学内奨学金

日本工業大学独自の奨学金です。

《入学前の選考》

●特別奨学生入試(給付)
●入試奨学金(給付)
●AO入試奨学金(給付)
●秋山奨学金(給付)

上記奨学金の詳細については、こちらをご覧ください。

※入学前の奨学金選考は、本学への入学が前提です。
お問合せは、教務部入試室へ TEL. 0120-250-267

《入学後の選考》

●日本工業大学学業奨励奨学金(給付)

本学に1年以上在籍する学生で、在学中の学業成績および人物を評価し、更に今後の学業の伸長を奨励することを目的としています。

◆ES奨学金(エクセレントスチューデント):
当該学科・年次の学業成績優秀者
年額 50万円
◆RS奨学金(リマーカブルスチューデント):
ES以外の学業成績優秀者
年額 20万円
【給付期間】 1年間
【給付方法】 4月および10月に半額ずつ学費に充当します
【対象学生】 学部学生
【その他】 この奨学金は、各学科の選考基準により選考されるものです。
学生本人が直接出願することはできません。
●日本工業大学工友会奨学金(給付)
【出願資格】 本学に1年以上在籍する学生で、卒業後、工友会会員として積極的に活動し、社会の産業発展に貢献し得る充分な資質を有すると認められる者。
【給付金】 年額20万円(9月と3月の2回に分けて支給)
本人の口座に振込みます
【給付期間】 1年間・在学期間中1回限り
【募集人数】 10名
【募集期間】 6月
●日本工業大学育英資金(貸与)
【出願資格】 本学に1セメスター以上在籍する学生で、以下に該当する方が対象です。
勉学意欲があり、かつ、学年相応の単位を取得し、卒業が見込めること。人物が良好であること。出願する学期の学費を、納入期限までに納入することができないこと。原則、出願時に独立行政法人日本学生支援機構、その他の奨学金を受けていないこと。留学生は、出願できません。
【貸与額】 返還時無利子
出願した年度の学費(委託会費除く)の半額を上限とし、その上限額から出願した学期の自己資金額を差し引いた残額。
【貸与期間】 在籍期間中に2回まで。ただし、複数の年度にわたって受けることはできない。
【募集人数】 若干名
【募集期間】 7月、1月

▲このページのトップへ戻る

III. 地方自治体の奨学金

地方自治体では、独自の奨学金制度を行っている都道府県・市区町村があります。 各自が直接自治体の教育委員会へ問い合わせてみるとよいでしょう。

▲このページのトップへ戻る

IV. 民間育英団体の奨学金

民間の奨学金制度は、企業や個人によって設立されたものです。給付や無利子貸与の奨学金がありますが、採用はかなり厳しくなっています。

  • ○ツツミ奨学金
  • ○交通遺児育英会
  • ○あしなが育英資金
  • ○中村積善会
  • ○清国奨学会
  • ○エフテック奨学財団
  • ○総合資格学院

V. その他の奨学金・学資ローン

●国の教育ローン

国の金融機関である日本政策金融公庫が扱う融資制度です。「母子/父子家庭」や「世帯年収200万円以下の家庭」に対する優遇措置などがあり、民間の銀行の教育ローンなどと比較して金利も低くなっています。
お申込み・お問い合わせは、国の教育ローンのホームページ
または教育ローンコールセンター(0570-008-656)まで

●オリコ学費サポートプラン(在学生向け教育ローン)

2019年度より、本学では(株)オリエントコーポレーションと提携して新たに学費の立替払いの制度を開始しました。インターネットから24時間お申込みが可能で、審査もスピーディーに行われます。
お申込み・お問合せは、学費サポートプラン(日本工業大学)のページ
または学費サポートデスク(0120-517-325)まで

●新聞奨学会

各新聞社が行っている新聞奨学生の制度で、新聞配達をすることにより学費の給付を受けるものです。それぞれの新聞育英会で、支給額・支給方法・勤務条件等扱いが異なります。詳細は各新聞育英会にお問合せください。

○朝日奨学会(朝日新聞社) フリーダイヤル 0120-127-733
○読売育英奨学会(読売新聞社) フリーダイヤル 0120-430-116~7
○毎日育英会(毎日新聞社) フリーダイヤル 0120-098-098

▲このページのトップへ戻る