自己宣言NIT-EMS|日本工業大学の取り組み|日本工業大学について|実工学教育の日本工業大学

日本工業大学の取り組み自己宣言NIT-EMS

自己宣言NIT‐EMS(環境マネジメントシステム)運用開始

~17年の実績と評価を礎に独自の環境推進活動の追求~

2019_houkoku.jpg
代表経営責任者 柳澤理事長先生 より自己宣言の説明

本学の環境推進活動は、2001年6月のJACOによるISO14001認証・登録からスタートし17年が経過しました。その間、本学が定めた環境方針に則り、省エネルギー活動による低炭素社会への貢献や光熱水費のコスト低減、環境教育を身につけた学生(環境人)の輩出、宮代町を中心とした地域社会との協働など、多岐にわたる活動に取り組んできました。その結果、エコ大学ランキングにおける「5つ星エコ大学」の受賞や、サステイナブルキャンパス評価(ASSC)では「ゴールド認証」など学外からも高い評価を得、環境推進活動は成熟期を迎えました。
本学では環境マインドが十分に浸透してきたものと判断し、2018年5月26日にISO14001認証を返還し6月1日を起点に自己宣言を行い、今までの環境活動を継承しつつ高等教育機関である大学の事業活動に添ったより進化した、独自の環境推進活動を追求すべく、新たな活動「NIT-EMS」(日本工業大学環境マネジメントシステム)を立ち上げることを環境推進委員会で決定しました。
これを受け、5月31日には「NIT-EMS」の説明会が開催され代表経営責任者の柳澤理事長から立ち上げ宣言、経緯説明等、全学への周知が行われました。
また、今後の活動について、代表環境管理責任者の竹内教授、環境管理責任者の林総務部長、環境推進事務局の原施設環境管理課長から説明がありました。具体的には、文書の電子化及び電子印鑑の導入により、業務の効率化を目指すこと、年間活動計画に本来業務の教育に関する活動をより多く取り組むことなどです。さらに地球温暖化対策などの環境問題や、第三者が行う監査や評価の有り方など、課題についても共有化し、大学ならではの新たな環境推進活動に向けて、学生・教職員が一丸となって取り組むことが確認されました。

詳細は、本学HPをご覧ください。http://www.nit.ac.jp/

NIT-EMS 2019年度 環境マネジメント活動報告/ 2019年4月~2020年3月

〜本学のEMS活動は維持向上している〜

本学では、2018年6月1日を起点として、自己宣言「NIT-EMS」(日本工業大学環境マネジメントシステム)を立ち上げ、1年が経過しました。
今までの環境活動を継承しつつ、高等教育機関である大学の事業活動に添ったより進化したEMSを目指し、独自の環境推進活動を追求すべく、本学が定めた環境方針に則った活動を推進しています。
ここでは自己宣言後、1年間の活動の主な内容について報告をします。

環境教育

①紙面で紹介している環境特別講演会の他、②12月と1月に本学のものづくり環境学科の授 業の一環として、環境コミュニケーション(埼玉県主催)を実施しました。パイオニア(株)川越事業 所、埼玉県大気環境課、学生延べ約80名が参加し、社会貢献活動や環境保護活動の事例紹介を基に意見交換をしました。
 

低炭素社会への貢献

①電気・ガスの省エネルギー活動を積極的に実施、埼玉県地球温暖化推進条例の削減目標15%に対し、電気は基準年比18.3%削減と目標を達成しているものの、ガスは15.7%増加で未達成となりました。ガスの増加要因は、ここ数年の開学50周年記念建設事業や新学科の施設整備事業による建物の増築によるガス使用量の増加が主なものです。現在、基準となるCO₂排出量を埼玉県と調整し、目標値を見直し中です。②LCセンター(図書館)の照明をLED化し、約65%の省エネを実施しました。③BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)の拡充を図るため、既存(10年経過)中央監視装置の更新工事がスタートしました。
上記の主な活動以外の詳細については、HPをご覧ください。http://www.nit.ac.jp/

今後のNIT-EMS活動

本学では、次世代を担う優れた人材の育成・教育の場としてより良いキャンパス環境を構築するとともに、将来にわたる持続可能性を実現するために、全学一致協力のもと高い目標を掲げ、EMSを推進しています。これに向けて、マニュアル・規格等を改め、システムの再構築を進めています。

〈評価〉○…達成、×…未達成