野口憲治|教員紹介|実工学教育の日本工業大学

教員一覧(学科、施設別)教員紹介

建築学部建築学科 建築コース

助教/野口憲治 [日本建築史]

arc_noguchi.jpg

プロフィール

1975年生まれ 博士(工学)
日本工業大学大学院工学研究科建築学専攻修了

研究者情報データベース

研究室紹介

専門

日本建築史 近世町家

研究テーマ

ライデン国立民族学博物館所蔵の町家模型について
コンピューターを活用したデジタルデザイン教育環境の改善

メッセージ

近年、手描きによる設計製図からコンピューターによる設計製図(CAD)が主流になっています。CADは単なる設計製図の道具に過ぎないかもしれませんが、さらに活用することにより新たなアイディアを生み出すツールとして期待できます。その可能性を広げるために建築学科では、デジタルデザイン教育環境に力を注いでいます。その拠点となるデジタルデザイン室は、2次元から3次元、画像処理など多彩な表現を生み出す場として多くの学生たちで賑わっています。

研究概要

19世紀はじめ、長崎出島のオランダ商館に勤務したシーボルトは、日本人の職人に日本の町家の模型を製作させました。模型は、長崎の町家がモデルとなっています。現在、模型は、オランダのライデン国立民族学博物館に所蔵されています。これらの模型を調査し、長崎の近世町家の特質を明らかにすることを目的としています。
また、デジタルデザイン室の管理・運営を担当しています。コンピューターを活用した図面表現など、デジタルデザイン教育環境の改善に取り組んでいます。