高等教育の修学支援新制度|保護者の方へ|実工学教育の日本工業大学

保護者の方へ高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度とは

本学は令和2年度から始まった国の「高等教育の修学支援新制度」の対象校として認定されています。

この高等教育の修学支援新制度とは、「家計」・「成績」・「国籍」等の要件を満たす学生に対して、返還の不要な「給付奨学金」と「授業料(入学金)の減免」を合わせて支援するものです。

たとえば、住民税非課税世帯で自宅外通学の学生が「第Ⅰ区分」の支援対象として採用されれば「最大70万円(年額)の授業料の減額」と「月々75,800円の奨学金の給付」が受けられます。

「減免・給付の額」「家計の要件」その他、この制度の詳細についてはこちら(文部科学省)こちら(日本学生支援機構)のページをご参照ください。

予約採用と在学採用

高等教育修学支援制度の申込み方法には、出身高校で申込みを行って大学入学時には「採用候補者」として支援が内定している「予約採用」と、入学後の4月に大学で申込みを行って、その後に審査を受ける「在学採用」の2種類があります。

※予約採用で採用内定している場合も、大学での手続きが必要です。これを怠ると、支援対象者としての内定(採用候補者の資格)が取り消しになります。
※「在学採用」は、新入生だけでなく上級生も申し込むことができます。

予約採用で入学前に支援が内定している方(採用候補者)の手続き

高校で予約採用の手続きをして、支援が内定している方(採用候補者)は、「採用候補者決定通知」をお持ちのはずです。この書類を進学先の大学に4月上旬までに提出しないと、候補者としての資格が取り消しになります。

「採用候補者決定通知」をお持ちの方は、本学入試室までご連絡いただくとともに、FAXで通知書をご提出ください。
TEL:0120-250-267
FAX:0480-33-7678

ご連絡いただいた方には、後日、授業料減免・給付奨学金それぞれの手続きの詳細をご案内します。
予約採用の方の授業料(入学金)納付の詳細については、ページ最下部の「授業料減免について」もご参照ください。

在学採用での申込み

在学採用の申込み方法の詳細は、4月以降に学内で行う学生向けの説明会でご案内します。
4月の申込みを逃すと秋学期まで応募はできません。高等教育修学支援制度(給付奨学金・授業料減免)や日本学生支援機構の貸与奨学金を希望する方は、本学公式サイトや「日本工大サポータル」の情報を見逃さないように注意してください。

※コロナ対応のため「説明会」に代えて「希望者への資料の送付」等で手続きの詳細をご案内する可能性があります。
※「秋学期の応募」で採用されたとしても、その年度の春学期の授業料は減免の対象となりません。また、その年度の4~9月の奨学金も給付されません。

「在学採用」の大まかな手続きの流れは、下表のとおりとなります。

内容 時期
1.学生向け説明会 4月中旬
2.各種必要書類を大学へ提出 4~5月
3.スカラネット(日本学生支援機構のサイト)へ申込情報を入力
4.学生本人・保護者の「マイナンバー」を日本学生支援機構へ郵送
5.日本学生支援機構による審査 5~7月
6.審査結果(採用/不採用)の通知 8月

※ この表の「時期」は大雑把な見込みです。状況により変更になることもあります。

授業料減免について