海外短期留学プログラム|在校生・卒業生の方へ|実工学教育の日本工業大学

在校生・卒業生の方へ海外短期留学プログラム

海外英語セミナー  (UBCプログラム)概要

UBCについて

カナダのバンクーバーに位置するブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)は12学部からなる総合大学で、教育スタッフはもちろん、銀行・郵便局・売店・カフェテリア・書店・付属病院などの日常生活に必要な学内施設も大変充実しており、留学生受入れの十分な態勢ができています。また、カナダ先住民の彫刻で国際的に有名な人類学博物館や新渡部稲造記念館庭園など、付属施設も充実しています。

授業(Global Citizenship through English)プログラム

世界中から集まる学生と一緒に学べるクラス構成によって行われる授業は、UBC英語研修所(ELI:English Language Institute)のオリエンテーションから始まり、ディベート、プレゼンテーション、インタヴューなどの実践的なアプローチにより、多文化社会や環境問題などの多彩なテーマを扱っています。授業はTESL(英語教育学)の資格を持った教員が担当し、さらに、学外での授業や、カルチュラル・アシスタントと呼ばれるUBC大学院生スタッフによるアクティビティーも組まれています。

ホームステイ

UBCに滞在中は、バンクーバー市内のカナダ人家庭にホームステイをします。家族の一員としてカナダ人家庭で生活することは、異なるライフスタイルを知り、異文化や英語を理解する一番の近道です。

単位の認定について

海外英語セミナーは、1年から3年までを対象とした正規の英語授業科目です(単位は2単位)。そのため、参加を希望する学生は、履修申告はもちろん、セミナー前の事前研修(秋学期)を受け、帰国後にレポートを提出する必要があります。詳細は英語担当教員によるオリエンテーションで説明します。

説明会について

詳細は教務課掲示板などに提示します。

研修のお問い合わせ

日本工業大学 共通教育学群(英語)
吉田要

  • canada08_1.jpg
    グランヴィルでの屋外授業
  • canada08_2.jpg
    ホストファミリーとのフェアウエルパーティ

実践異文化理解カナダ野外教育プログラム  (Focus on Cross-Cultural Understanding Program)概要

NITカナダ研修所について

日本工業大学のカナダキャンパスは、アルバータ州南西部に位置する小さな町、クローズネスト・パスにあります。その校舎は町のシンボルとして親しまれていた、かつての裁判所を保存・修復したもので、研修と異文化交流の場として活用しています。
 

プログラムの特徴

このプログラムでは、さまざまな野外活動を楽しめるのが特徴です。安全な環境の中でカナダの生活を体験、英語学習するとともに、雄大な自然の中でエキサイティングなアウトドアスポーツに挑戦できます。さらに、バッファロー・ジャンプ、炭鉱、フランク・スライド、レミントン・キャリエッジ・ミュージアムなど、アルバータ州近郊の名所や博物館への校外学習もあります。
 

宿泊先

クローズネスト・パス滞在中は、他の日工大生とともにキャンパス内にあるゲストルームに宿泊します。
 

募集人数

12名
 

開催期間

3週間程度
 

開催時期

サマープログラム(8月)
午前中に異文化理解のための英語学習を行い、午後に野外活動を楽しみます。
主な野外活動:乗馬、アスレチック、ハイキング、マウンテンバイク、ゴルフ、ラクロス

単位の認定

NITICCプログラムは正規の英語授業科目のため、参加者には2単位が認定されます。そのため、参加者は申込の上、事前セミナーを受け、帰国後にレポートを提出する必要があります。
 

お申し込み・お問い合わせ

日本工業大学 英語教育センター
TEL:0480-33-7485(直)
E-mail:elc@nit.ac.jp

  • canada_info1.png
  • canada_info2.png