経営情報システム研究室 (大宮 望)|データサイエンス学科|学部・大学院|実工学教育の日本工業大学

先進工学部データサイエンス学科※2022年4月開設

経営情報システム研究室

大宮 望 准教授

教員紹介 紹介動画

研究室紹介

意思決定は様々な場面で求められています。特に企業で行われる意思決定は、スピードや正確さが求められています。この要求に答えるには、企業活動の情報を収集する経営情報システムが必要になってくるのです。しかし、情報があってもうまく活用出来ないとより良い意思決定はできません。そこで当研究室では、より早く、より良い意思決定が出来るシステムの、設計・開発を中心に取り組んでいます。

主な研究紹介

テキストを中心としたデータ分析

本研究室で現在取り組んでいるのは、データの分析(テキストマイニング手法を中心)を出発点にした研究です。今分析を行っているデータは、売れるためのヒットソングの歌詞や、興行収入の多い映画のセリフ、旅館サイトの口コミのデータ及び本学で行われている授業レポートの四つが中心です。このデータに隠れている様々な特徴を、テキストマイニングを用いて抜き出し、様々な意思決定に活用することを考えています。