社会で活躍する日本工大OB·OG7|在学生の方|就職・キャリア|実工学教育の日本工業大学

在学生の方社会で活躍する日本工大OB·OG7

「増田さんだから相談したい」とお客様からの声
期待に応え、頼られる設計者になりたい

img-07.jpg

タニコー株式会社 勤務
増田 理奈 さん
2016年 生活環境デザイン学科 卒業
埼玉県立大宮工業高等学校出身

 業務用厨房機器の総合メーカーに勤務して4年目。入社当初からホテルなどの厨房の設計に携わり、現在は家庭用のオーダーキッチンを扱う部署に所属し、キッチンの設計を担当しています。
 日本工大へは、建築と福祉空間、両方の分野が学べることを知り進学を決意。ところが入学後は、インテリアワークショップの授業がきっかけでインテリアの世界に惹かれるように。ダンボールで椅子を制作した際、「座る」という行為ひとつに対して十人十色の作品ができあがり、決まった答えがない、自分の創造力で勝負できるデザインの世界に魅力を感じたのです。インテリアに関する知識や感性をさらに高めたいと考え、卒業研究では西洋の家具の歴史や様式、装飾などについてまで学びの領域を広げました。
 これまでで一番印象に残っている仕事は、1年かけて最初から最後まで手がけた田町にあるホテルの厨房の設計です。定期的に依頼主であるお客様や、実際に厨房を使われるシェフの方々と打ち合わせをし、毎週の定例会議に図面を用意するのが一苦労でしたが、「増田さんだから相談したい」とお客様からご要望をいただきました。自分でも誰かの役に立てるんだと大きな自信になり、とてもやりがいを感じました。
  キッチンの設計では、大学時代に実験・実習・製図や「木造建築工房」で、実際に手を動かしながら学んだ経験が活きています。いつかショールームに自分の設計したオーダーキッチンが並ぶ日を夢見て、これからもお客様一人ひとりに寄り沿って、「増田さんだから頼みたい」と信頼される設計者になりたいです。