日本工業大学 :: 1月22日(土)無印良品 東武動物公園駅前店でプロジェクションマッピングイベントを開催しました! :: Topic

TOPICSトピックス

イベント

1月22日(土)無印良品 東武動物公園駅前店でプロジェクションマッピングイベントを開催しました!

1月22日(土)に無印良品 東武動物公園駅前店で、プロジェクションマッピングのワークショップ「ひかるふしぎないきものをつくろう!」を開催しました。カナダ・モントリオールでアーティストと地域住民が開催しているプロジェクションマッピングフェスティバル「MAPP_」の代表であるThien Vu Dang氏とYasuko Tadokoro氏を講師に迎え、「情報メディア工学科 小林研究室 卒研プレゼミ」の学生と、自由科目「地域活動リテラシー」を受講している学生が制作の指導と上映を行いました。

ワークショップを行う前に、講師による学生スタッフへのレクチャーが行われました。レクチャーでは、活動やその経緯について、豊富な事例を交えて紹介されました。その後、制作に使用するアプリを用い、具体的なアニメーション制作方法や、ワークショップ参加者に制作を指導するための具体的な方法(例の見せ方、声のかけ方、アイディアの提案の仕方等)について、実際に操作をしながら指導を受けました。

ワークショップでは、当日受付した一般の参加者を対象に、学生スタッフが講師として、タブレットを使ったアニメーションの制作指導を行いました。たくさんの子どもたちが保護者と一緒に参加し、それぞれタブレットを使って思い思いの「ひかるふしぎないきもの」を自由に描いてもらいました。夕方になり外が暗くなると、店舗の外を移動しながら、みんなで作った作品の上映会を行いました。無印良品 東武動物公園駅前店の床や屋根、壁など、様々な場所を利用し、プロジェクターを備えた自転車を使いアニメーションの上映をしました。寒い時期でしたが、参加した子どもたちは、自分たちが作ったアニメーションを追いかけて一緒に歩いたり、踏んでみたりしながら、楽しく遊びました。

当日の活動の様子を、写真や映像からぜひご覧ください!

  • 220330_写真01.jpg
    講師の2人からレクチャーを受ける様子
  • 220330_写真02.jpg
    子どもたちに制作の指導をする様子
  • 220330_写真03.jpg
    プロジェクターを備えた自転車を使い上映
  • 220330_写真04.jpg
    楽しそうに遊ぶ子どもたち


 

写真撮影:橋本星哉、動画撮影・編集:藤澤康生
 

一覧に戻る