|施設・センター案内|日本工業大学について|実工学教育の日本工業大学英語教育センター
heading.jpg

施設・センター案内英語教育センター

コミュニケーション能力と異文化理解を深め、 世界に通用する技術者に必要な英語力を養成。
The goal of our program is to develop communication and cross-cultural understanding skills in order to create knowledgeable engineers who can perform in the global workplace.

近年の製造業のグローバル化にともない、技術者が海外で活躍することを要求されるようになり、外国の人々とコミュニケーションを取るための基本的な異文化理解教育と英語を話す度量が求められるようになりました。また、技術成果を海外で広く認めてもらうためには、やはり英語を駆使してのアピールが欠かせません。このような現状に応えるために、本学では技術者のための英語を中心としたコミュニケーション教育を前面に打ち出し、英語教育センターを開設しました。
本センターは本学における英語コミュニケーション教育の中心であり、常駐する外国人講師との実践英会話や、海外へ行き実際の英語に触れる研修や、本センターが独自に開発したプログラムなど、本学の学生が卒業するまでに英語コミュニケーション能力を向上させ、異文化・多文化環境に立ち向かえる意識と能力を身に付けるための多様なプログラムを用意しています。

ここがポイント

  • 毎週月曜から金曜まで毎日、外国人講師がセンターのスタッフとして常駐しています。
    Foreign teachers from different countries are available from Monday to Friday.
  • 異文化を学ぶ場所です。
    This is a place to have fun learning about cross-cultural environments.
  • 初級から上級レベルの英語までレベルに合わせてコミュニケーションできます。
    Here you can communicate in English from beginner to advanced level.
  • 学修目的だけでなく、リラックスした雰囲気を楽しむために利用することもできます。
    It is our pleasure to welcome you for not only learning purposes, but also to enjoy the relaxed atmosphere.

英語教育センター紹介

  • img-01.jpg
    センター内に設けられたミーティングルームでは、小人数または個人に対し、TOEIC 対策などの指導を随時行っています。
  • img-02.jpg
    欧米の雑誌やコミックなど、英文の書籍や資料を多数揃えており気軽に閲覧できます。無料で貸し出しも行っています。
  • img-03.jpg
    ちょっとした疑問や授業での不明点などがあれば、常駐している外国人講師から直接アドバイスを受けることができます。
  • img-04.jpg
    自由に利用できるパソコンをセンター内に9台備えており、海外サイトの閲覧やヒアリング練習などに活用されています。
  • img-05.jpg
    ハロウィンパーティーなど、年間を通して各種イベントも実施。海外文化に触れるよい機会となっています。
  • img-06.jpg
    本学カナダキャンパスに3週間程度滞在して、英語や文化に親しむ教育プログラムを毎年実施しています。