環境共生システム学専攻|学部・大学院|実工学教育の日本工業大学
symbiosis-heading.jpg

大学院工学研究科環境共生システム学専攻

kankyo_system.png

環境共生システム学専攻は、地球環境システムと人間社会システムのより高い次元での共生を目指し、系統的な技術開発を進めています。自然(大気・水環境系、生態系、生物)の仕組みに学び工学に応用する「生物応用デザイン技術」、自然と共生する社会・都市システムを創造する技術や評価手法を体系的に確立する「社会環境デザイン技術」、2つの専門領域を中心に、教育と研究に取り組みます。

博士前期課程

環境共生システム学専攻では、自然(大気・水循環系、生態系、生物)の仕組みに学び工学に応用する「生物応用デザイン技術」、自然と共生する社会・都市システムを創造する技術や評価手法を体系的に確立するための「社会環境デザイン技術」の2つの技術分野を中心に、カリキュラムを整備しています。

  1. 専門分野の基礎的素養を身につけるため、「生物資源工学系」「機械エネルギーシステム系」「持続社会システム系」の3つの科目区分の専門講義科目を用意しています。
  2. 講義科目による基礎的知識を踏まえて、『環境共生システムプロジェクト』を履修することにより、知識を有機的に融合し応用する力を養います。
  3. 関連分野に関する基礎的素養の涵養に配慮し、共通科目として「応用数学特論1~2」を配置しています。
  4. 「特別研究」において本格的な研究に取り組み、学位論文を執筆します。

博士後期課程

自然の仕組みに学ぶ「生物応用」および自然と共生する社会・都市システムを創造する「社会環境デザイン」について、地球環境と人間社会の持続的な調和・共生を大局的に捉えながら、実用および基礎研究の両側面から挑戦することができる技術者・研究者を養成します。

生物応用研究部門

機械・電子工学、化学・生物学のより専門的な知識を身につけ、生物のもつ機能や形態を物理・化学の基礎現象まで掘り下げて考察することにより新しい材料や機械システムを生み出す研究開発や、生体材料を利用あるいは融合することで新しい機械システムや医療システムを生み出す研究開発などを通じて、材料設計・作製技術、分析・評価技術、システム構築技術などに関する専門知識と実践力を習得します。

社会環境デザイン研究部門

機械工学、エネルギー工学、建築学などのより専門的な知識を身につけ、地球システムや都市システムの物質循環とエネルギーフローを学ぶことで自然と共生する社会・都市システムを創造する社会システム設計技術の研究開発や、地球環境保全と持続可能社会形成を両立させる研究開発などを通じて、分析評価技術、システム構築技術、制度設計技術などに関する専門知識と実践力を習得します。

教員一覧

○・・・・・・・博士前期課程・博士後期課程を担当する教員
無印・・・・・博士前期課程を担当する教員

専門領域:生物資源工学
研究分野 担当教員
エネルギーシステム分析、ライフサイクルアセスメント 教授・工学博士
八木田 浩史
ナノ・バイオマテリアル、プラズマ・光化学、メディカルエンジニアリング 専攻長・教授・博士(工学)
伴 雅人
合成化学を主体とした機能性有機材料の開発 教授・博士(工学)
大澤 正久
ナノバイオ工学、生物システム工学、タンパク質工学 教授・博士(理学)
佐野 健一
枯渇懸念資源の合理的回収、素材製精錬、素材複合化 教授・博士(工学)
内田 祐一
超分子化学を基軸とした機能性ナノ材料の開発、ナノ材料のバイオ応用 教授・博士(工学)
新倉 謙一
ナノバイオテクノロジー、磁気工学、物理化学、自己組織化、表面化学 教授・博士(工学)
池添 泰弘
植物分子遺伝学、植物分子生理学、植物生産工学 准教授・博士(理学)
 芳賀 健
専門領域:機械エネルギーシステム
研究分野 担当教員
自然エネルギー、未利用エネルギーの利用技術 教授・博士(工学)
丹澤 祥晃
交通予防安全工学、車群交通流制御、自動車のヒューマンファクター 教授・Dr.Eng.
鈴木 宏典
機械材料、材料加工、マイクロ・ナノ加工、炭素系複合材料 教授・博士(工学)
安原 鋭幸
電気化学、界面科学、全固体電池、薄膜合成 教授・博士(工学)
白木 將
流体工学、非熱プラズマ、エネルギー変換、環境保全技術 准教授・博士(工学)
桑原 拓也